災害時の決済手続き、台湾証券取引所が注意喚起

写真拡大

(台北 14日 中央社)台風シーズンの到来に合わせて、台湾証券取引所は11日、災害時におけるの決済の手続きについて投資家に対して注意を呼びかけた。

同所は、市場が休場となった場合、決済の処理は翌営業日に持ち越されると強調。一方、市場と証券会社が営業している状況で、台風などの影響により決済ができなくなった際には、投資家は証券会社を通じて証券取引所に代理決済の手続きを申請できるとしている。

(田裕斌/編集:杉野浩司)