メガネに装着&「ウインク」で撮影♪ その瞬間をのがさないウェアラブルカメラ「ブリンカム」先行予約販売をスタート

写真拡大 (全3枚)


身につけて持ち歩けるウェアラブルといって思い出すのはアップルウオッチが有名。ちいさなフォルムにつまった多彩な機能は、あなたをより自由に、より便利にさせてくれる。そんなウェアラブルが新たに登場した。

株式会社Blincamが7月14日よりクラウドファンディングサイト「Makuake」にて先行予約販売を始めたのは、世界最速のウェアラブルカメラ「BLINCAM(ブリンカム)」(19800円)

「ブリンカム」はメガネに装着してウインクで撮影できるウェアラブルカメラ。意識的に強くウインクしたときだけに反応する独自センサーで、撮りたい瞬間をのがさず撮影できる。「パシャ」いう音で、写真が撮れているかがわかるシステム。

ハンズフリーなので、サイクリング時や料理中でも撮影できて便利。また、子どもやペットのふとした表情ものがさず思い出に残すことができる。写真はBluetooth経由ですぐにスマホに転送されるので、SNSへの投稿も簡単だ。

「ブリンカム」は小型で軽くシンプルで、日常的に使っていても違和感のないデザイン。カメラは500万画素、スイッチを入れた状態で8時間の待機時間、快適に撮影出来る時間は約4時間と長時間使えるのもうれしい。

Makuakeでは早期予約割引として定価10〜20%OFFのコースをご用意。製品の発送は12月ごろとなる。

もっと気軽にさまざまな「瞬間」を写真にのこしたい人は、「ブリンカム」のウインク撮影ウェアラブルを使ってみては?

クラウドファンディングサイト「Makuake」はこちらへ。
https://www.makuake.com/project/blincaminc/