元日本代表MFの山口素弘氏が夏の2大会でU-17日本代表を指揮

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は14日、都内で理事会を開き、U-17日本代表監督に元日本代表MFの山口素弘氏を選任した。

 当面はスポット契約の形を取り、7月16〜18日の「第20回国際ユースサッカーin新潟」、8月16〜20日にチェコで開催される「第23回バツラフ・イェジェク国際ユーストーナメント」の2大会のみ指揮を執る。

 山口氏は現役時代、横浜F、名古屋、新潟、横浜FCでプレー。日本代表として98年フランスW杯にも出場した。引退後は2012年から14年まで横浜FCの監督を務め、15年からはJFA技術委員を務めている。

(取材・文 西山紘平)