<南シナ海>「中国の台湾当局」は不当な呼称  林首相が仲裁裁を批判

写真拡大

(台北 14日 中央社)南シナ海問題をめぐる常設仲裁裁判所(オランダ・ハーグ)の裁定に関して、林全・行政院長(首相)は14日、判決文で使われた「中国の台湾当局」という不当な呼称は、わが国の主権国家としての地位を矮小化していると批判した。

林氏は、仲裁裁が台湾の実効支配する南沙(スプラトリー)諸島の太平島を、仲裁の対象ではなかったにもかかわらず「岩」と認定したのは不適切だと指摘。わが国の南シナ海の島嶼(とうしょ)や関連海域における権利を大きく損なったと語った。

さらに、審理の過程で台湾は裁判への参加や意見を求められなかったと強調。仲裁裁の判決は受け入れられず、台湾に対する法的拘束力もないとしている。

(戴雅真/編集:杉野浩司)