なぜ「テスラの自律走行車」の事故が目立つのか

写真拡大

5月7日、テスラの自律走行車が初の死亡事故を起こした。7月に入ってからもさらに2件の事故が報じられており、自動運転の安全性が疑問視されている。

「なぜ「テスラの自律走行車」の事故が目立つのか」の写真・リンク付きの記事はこちら

始まりは6月末のことだった。

テスラ・モーターズはブログで、同社の自動運転システムについて米運輸省の国家道路交通安全局(NHTSA)が調査を開始したことを公表した。2016年5月7日にフロリダで発生した死亡事故(自動運転機能を使っていたセダン「モデルS」が、18輪トレーラーと衝突)を受けてのことだ。

その後、『Detroit Free Press』紙が、さらに2件のテスラ車の事故を報じた。1件は7月1日(米国時間)にペンシルヴェニア州で起きたSUV「Model X」の横転事故。もう1件は、同じくModel Xが7月10日にモンタナ州で起こした衝突事故だ。両事故とも死亡事故ではなかったが、こうした報道により、同社の自動運転機能の安全性を疑問視する声が上がっている。

RELATED

7月11日には、米証券取引委員会(SEC)がテスラの調査に入ったとも報じられた。5月の事故情報を開示せずに5月18日に資金調達を行ったことを問題視されてのことだ。

テスラは、『Detroit Free Press』紙に対して示した声明で以下のように述べている。「7月1日の事故に関しては、エアバッグが作動したことを示す自動警告信号が事故車から送られてきているが、衝突時の車両制御の状態についての詳細な情報を含むログは送られてきていない。これは被害の状況とも一致している。アンテナが機能しなくなった可能性があるようだ」

だが、7月10日の事故は自動運転モードとの直接的な関連性を示している。この事故は、「Tesla Motors Club」のページ上で明らかにされたものだ。(オーナーの友人という人物が投稿した)スレッドによると、Model Xの「オートパイロット(自動運転)」モードで夜間に時速89〜97kmで走行していたとき、クルマが道から外れ、脇の木製フェンスの支柱にぶつかって助手席側の前のタイヤがパンクしたという。『Detroit Free Press』紙も、運転していた人物がオートパイロット機能を使っていたと述べたと報道している。

なぜテスラの事故だけ注目される?

テスラのオートパイロット機能は「レヴェル2」に相当する自動運転機能を提供するが、ほかの自動車メーカーの多くも、レヴェル2の自動運転機能を提供している。例えば、ボルボの「XC90」やアウディの「Q7」などだ。これらのクルマでも事故は起きているが、テスラの衝突事故のニュースだけが大きな注目を浴びているように見える。

その原因のひとつには、テスラがサーヴィスに付けた名称や売り込み方がある。オートパイロットは、たとえ「ベータ版」という注記が付いているといっても、「定速走行・車間距離制御装置」や「車線逸脱防止支援システム」のような長たらしい名称が付いた他社の機能とは違う次元の機能であるかのような印象を受ける。

機能も若干違うようだ。ほかのレヴェル2クラスの自律走行車では、ハンドルを握らずハンズフリーにできるのは15秒ほどだ(「渋滞運転支援機能」を使用しているときは除く)。だが、テスラ車は違う。テスラは『Ars Technica』US版に対して、ハンズフリーが許される時間の長さは場合によって変わると言っている。

Tesla Motors Clubにおけるオーナーたちの話によれば、少なくとも4分間は完全に手を離した状態での自動運転が可能だといい、システムを騙すこともできるという(自動運転機能を使ったときの様子を紹介する動画が各種投稿されており、米大陸横断の約4,800kmのうち96パーセントを自動運転を使い、57時間48分で走破した者もいる(日本語版記事))。

大量のユーザーがより長く自動運転をするようになれば、テスラは未来の自動運転システムをつくるために、より多くのデータを得られるようになるだろう。そうして蓄積されたデータが、自動運転機能が人間より安全だという証明にはならないにせよ。