写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●代官山にベンツのヴァーチャルショールームが誕生
TSUTAYAがベンツのショールームに―。カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)とメルセデス・ベンツ日本(MBJ)は、TSUTAYAを活用して自動車の新しい売り方に挑戦する。そもそもTSUTAYAでベンツの購入を決める人がいるのかどうかも含め、この取り組みの行方には注目すべき点がありそうだ。

○代官山蔦屋書店でベンツを体験

CCCとMBJは2016年1月、Tポイントサービスの導入について基本契約を締結した。この契約を受け、CCC子会社のCCCマーケティング(CCCMK)とMBJが販促プロモーションおよびマーケティングの協業プロジェクトを開始させることとなった。

協業の目玉となるのは、MBJが代官山蔦屋書店内に設置する「クルマを置かないショールーム」だ。ここではVR(仮想現実)やデジタルサイネージといった技術を活用し、メルセデス・ベンツの製品体験を提供する。上野社長は以前から、「かねてからいわれているが、あまり実現していない」ヴァーチャルショールームにチャレンジしたいと考えていたそうだ。

代官山蔦屋書店では、全国のTSUTAYAに比べて自動車関連の書籍とビジネス書が14倍も売れている。そう単純な話でもないだろうが、自動車に関心のあるビジネスマンが多く来店しているとすれば、同店にMBJがショールームを設置する意味はあるだろう。

○MBJは“敷居の低い”タッチポイントを確保

メルセデス・ベンツの販売店は「敷居が高い」(上野社長)といわれることもあるらしいが、代官山蔦屋書店のショールームはMBJの玄関口といったようなイメージになる。デジタルツールでベンツに興味を抱いた顧客には試乗を薦め、最終的には販売店へと誘導する。MBJにとって今回の施設は、都市部の限られたスペースにも展開可能なヴァーチャルショールームのプロトタイプという位置づけだ。CCCが運営する他の施設にも同様のショールームを設置する可能性があるという。

ちなみに、代官山蔦屋書店経由でベンツを購入すると、金額に応じたTポイントが手に入るのだろうか。気になったのでCCCの広報に確認すると、7月15日以降は、MBJの販売店で新車を購入すると、代官山蔦屋書店を経由したかどうかには関係なく、1台あたり1,000ポイントのTポイントが付与されるようになるということだった。

MBJがTポイントの提携企業に加わることで、CCC側にはどのようなメリットがあるのだろうか。見逃せないのは、CCCが持つTカード会員のデータベースに、メルセデス・ベンツのユーザーあるいはメルセデス・ベンツに興味のある人が加わるという点だ。

●自動運転の実現で重要になるクルマでの過ごし方
MBJはカフェやレストランなどを併設するアンテナショップ「メルセデス・ベンツ コネクション」を東京と大阪で運営しており、これらの施設で独自のポイントカードである「コネクテッドカード」を展開している。

施設の利用や試乗などでポイントを溜めることができる同サービスは、MBJがTポイントと提携することにより終了する。具体的にいえば、MBJ独自のポイントを獲得できるのは2016年9月末まで、同ポイントを使用(施設の利用やグッズとの交換)できるのは2017年6月末までとなる。そのかわり、メルセデス・ベンツ コネクションでは、Tカードを提示することによりTポイントが溜められるようになる。つまりCCCとしては、メルセデス・ベンツに関心のあるTカード会員の情報を分析できるようになるのだ。こういった分析から、MBJに販促に役立つフィードバックを提供することも可能となる。

○両社に共通するのは「ライフスタイル」重視の姿勢

そもそもCCCとメルセデスが協力関係を構築できたのは、ライフスタイルの提案に重きを置く両社の姿勢に共通点があったからだ。「完全自動運転が実現すれば、クルマでの移動は生活時間の一部となる」。こう語るメルセデスの上野社長は、クルマでの移動時間が生活時間とイコールになる未来を見越して、ライフスタイル提案に注力する企業との協業機会を模索していたという。

両社の協業プロジェクトとして、まずは代官山蔦屋書店を活用したショールームの取り組みが進むわけだが、上野社長が自動運転実現後の未来にまで言及したところから考えると、両社は「クルマのあるライフスタイルの提案」を軸に長期的な関係を構築していくつもりでいるようだ。「企画会社」(CCCのHPより)を名乗るCCCが、自動車メーカーとの関係からどのようなプロジェクトを仕掛けてくるのか。次に出てくる協業案件にも注目したい。

(藤田真吾)