はあちゅうが教える“とにかくウツなOL”を抜け出すためのヒント「お金に振り回されないために」 撮影:小林川ペイジ/写真提供:KADOKAWA

写真拡大

【はあちゅう/モデルプレス】SNSやオンラインサロン等で活躍する、人気ブロガーにして「ネット時代の作家」を目指すはあちゅう氏。初の小説作品『とにかくウツなOLの、人生を変える1か月』が4月30日に発売され、GW中には各書店・ネット書店で売り切れや、即日重版が決定するなど、広がりをみせている。そんな「とにウツ」から抜粋した、働く全女子を元気にするためのヒントを、著者のはあちゅう氏によるプチコラム形式でご紹介(全6回)。

【さらに写真を見る】はあちゅうが教える“とにかくウツなOL”を抜け出すためのヒント「お金に振り回されないために」Vol.4

◆第4回「お金に振り回されないために」


一体どれくらいあったら満足なの?(『とにかくウツなOLの、人生を変える1か月』84ページより/KADOKAWA、2016年4月30日発売)

◆こんな経験を言葉に込めました


継続して運営し続けているオンラインサロン(ちゅうつねサロン)では、目標や願望を、とにかく具体的にすることに力をいれています。

なんとなく、今より良い暮らしがしたい、と思っていたらたとえ今より良い暮らしになったとしても、その時もまた「今よりもう少し良い暮らしになったら」と思ってしまうんです。

きっとみんな仕事の時は「もう少し売り上げが良くなったら、いいな」なんて考えず、売り上げをいくら上げるために、こういうことをしよう、と具体的な目標を行動に落とし込んでいきますよね。

それと同じで、個人の目標も「あといくらあったら家にこんなものが買える。そうなったら幸せだな」とか「後輩に惜しみなくおごってあげたいから、月にあと3万円くらいお小遣いがあったらいいな。毎月+3万円稼ぐにはどうしたらいいだろう」など、具体的にすることで、叶う方向に思考が向かいます。

「なんとなく」を追い求めても得られるものはありません。

だから「なんとなくもっと欲しい」のループから抜けるために、「いつまでに」「どれくらい」「どうやって」を常に考えるようにしてみるといいと思います。

私自身も、「もっとこうなったらいいのに」と思った時はすかさず「もっとってどれくらい?」と自分に問いかけるようにしています。(modelpress編集部)

■『とにかくウツなOLの、人生を変える1か月』


著者:はあちゅう
発売日:2016年4月30日
定価:1300円(+税)
出版社:KADOKAWA

毎日を鬱々と過ごす奈緒が偶然出会った「メンタルジム」と、容赦ない質問攻めをしてくるカウンセラーのヒカリ。

ひるむ奈緒だが、ヒカリの問いに答えていくうちに、ぼんやりとした不安の正体が見えてきて――。

◆はあちゅうプロフィール


ブロガー・作家。慶應義塾大学法学部卒。電通コピーライター、トレンダーズを経てフリーに。

「ネット時代の新たな作家」をスローガンに、ネットと 紙を中心に媒体を横断した発信を続ける。著作に「半径5メートルの野望」(講談社)など。月額課金制個人マガジン「月刊はあちゅう」「はあちゅうのごはん 日記」が好評。