株式会社ポケモン、任天堂、Nianticが共同開発したスマホゲーム「ポケモンGO」がこのほど米国でリリースされると、瞬時にして全国を席巻し、NYマンハッタンのチャイナタウンなど、中国系住民が集まるエリアでも人気だ。

写真拡大

株式会社ポケモン、任天堂、Nianticが共同開発したスマホゲーム「ポケモンGO」がこのほど米国でリリースされると、瞬時にして全国を席巻し、国民あげてのモンスター狩り旋風が起きている。NYマンハッタンのチャイナタウンなど、中国系住民が集まるエリアは特に「深刻」で、モンスターを捕まえようとする中国系住民が公園や広場に集まっている。中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

ポケモンファンである洪可さんは「このゲームは1996年にも任天堂が同アニメのゲームを発売しており、私のような80年代、90年代生まれの人にとっては懐かしく、子供の頃の記憶が呼び覚まされる。リリース後、すぐにダウンロードした」と話す。

ゲームの絶妙な仕組みもユーザーから好評を博している。洪さんは「このゲームは現実生活とうまく融合していて、プレイヤーは家を出て、周辺の特殊な建築物やスポットを探索しなければならない。お気に入りのモンスターを集められるほか、日常生活では見落としがちな特殊な建築物やスポットを見つけ、それらの背景を知ることができる。このゲームの最大の魅力の一つだ」と述べた。

あるプレイヤーは「ゲームはリラックスを目的とするが、それと同時に自分が生活するエリアを散策し、これまで見落としていた場所にもう一度足を踏み入れることができる。これは重要な意義がある」と語った。(提供/人民網日本語版・編集YF)