14日、南シナ海の領有権をめぐる問題が、中国にも活動の場を広げる韓流スターに飛び火した。写真は少女時代ユナ。

写真拡大

2016年7月14日、韓国・スタートゥデイなどによると、南シナ海の領有権をめぐる問題が、中国にも活動の場を広げる韓流スターに飛び火した。

13日、女性アイドルグループ「少女時代」のユナのインスタグラムで、中国を中心としたアジアのファンらが論争を繰り広げた。中国のファンがユナに「中国で今後も稼ぎたいなら(南シナ海問題について)早く立場を表明しろ」と要求すると、フィリピンやベトナムのファンらが「中国を支持する文章を掲載しないで」と対抗、韓国のファンらは「ユナは紛争とは関係のない韓国人だ」などと書き込んだ。

オランダ・ハーグの仲裁裁判所が南シナ海をめぐる中国の主張を否定する裁定を下して以降、韓国で活動する中国国籍の芸能人らは相次いで裁定に反対する意思を表明している。こうした動きの中、今年中国のドラマに出演し中国で高い人気を誇るユナに、中国のネットユーザーの矛先が向いてしまったようだ。

騒ぎを受け、韓国のネットユーザーからは中国のファンを非難するコメントが多数寄せられている。

「中国で稼ぎたいなら中国寄りの立場を表明しろって?ただのチンピラじゃないか」
「判決が思い通りにならなかったから頭に来てるのは分かるけど、罪のない第三国人に対してこんなことはやめなよ。君たちのレベルがばれちゃうから」
「小学生レベルの大国!ずうたいが大きいだけだな」
「脅迫だね、ユナがかわいそう」

「立場:私は何の考えもありません。あなたたちで勝手にやってください」
「じゃあ韓国で活動する中国人に聞くが、独島(日本名:竹島)はどこの領土だ?」
「他国の芸能人にまでこんなことをするなんて、中国人は本当に世界の迷惑」
「相手する価値なし」

「ユナ、思った通りに答えればいいよ。あそこが中国領なわけないじゃないか」
「ユナはまず『独島はどこの領土か』について立場表明を。これに答えない限り、いかなるコメントも出してはならない」
「まさか?ユナ?自分の人気のために国を売り払うようなことはしないよね?」(翻訳・編集/吉金)