『Pokémon GO』の何が人を惹きつけ、誰が迷惑しているか

写真拡大

日本よりも一足早く『Pokémon GO』がリリースされた米国では、ゲームを集客に使う店舗が増えている。一方で、ホロコースト記念博物館は来館者に対して『Pokémon GO』を使わないように呼びかけた。マナーある遊び方が求められている。

「『Pokémon GO』の何が人を惹きつけ、誰が迷惑しているか」の写真・リンク付きの記事はこちら

爆発的な人気を集めているゲーム『Pokémon GO』は、たくさんの人たちをいろいろな場所へと誘い出している。

アーカンソー州フェイエットヴィルにある「クリスタル・ブリッジズ・ミュージアム・オブ・アメリカン・アート」の入館者数は、ソーシャルメディアで『Pokémon GO』について強力にプッシュした結果、急増した。入館者は週末の平均数に比べて2,000人増え、対前年比では50パーセント増加したという。その建物とグラウンドには、「ポケモンジム」のほか、複数の「ポケストップ」(ゲーム内で使用する場所)とたくさんのポケモンがいるようだ。

マーケティング業界ニュースサイト『キャンペーンライヴ』は、小売店やレストランが『Pokémon GO』のスポンサー付きロケーションになれるようにする計画があると報道している。小売店側では集客を見込めるし、運営側はこうした小売店に料金を請求することで収益化が可能になる。『Pokémon GO』を開発したNiantic Inc.(以下、ナイアンティック)は、以前開発した位置情報ゲーム『イングレス(Ingress)』で、同様のスポンサー契約を結んでいる。

『Pokémon GO』には「Lures」(ルアー・モジュール)というアイテムがあり、これを使うとポケモンを自分の近くに引き寄せられる。ナイアンティックでは、これが集客に使用されていると報告している

RELATED

マナーあるゲットを

一方で、ワシントンDCにあるホロコースト記念博物館は7月12日(米国時間)、同館への来館者に対し、『Pokémon GO』を来館中はオフにしておくことを求める声明を『ワシントン・ポスト』誌に掲載した。

この声明は、多数の人たちが『Pokémon GO』を起動させたまま同博物館を訪れたのを受けて発表された。これらの来館者は、ポケストップとして設定されているホロコースト記念博物館に、価値のあるモンスターをより多く集めるための「ビーコン」を獲得するために来た人たちだ。

このゲームには、現実世界の風景に3Dでポケモンを投影する機能が含まれている。その機能を使ったように見える、ホロコースト記念博物館の館内で宙に浮いている毒ガス状のモンスター「ドガース」の画像がオンライン上に出回っている。

ただし、『ワシントン・ポスト』の記者アンドレア・ピーターソンは、この画像は偽造ではないかと示唆している。『Pokémon GO』を同博物館の近くで使用しても、ドガースの形跡が見つからなかったからだ。

現時点で『Pokémon GO』では通常、特定の場所で特定のキャラクターを登場させることに関して一貫しており、その点がこのゲームのソーシャルな側面を促進してきた(例えば、「どこどこのバス停に行けば『ポッポ』を獲得できる」といった具合だ)。

ホロコースト記念博物館にいるポケモンの画像が出回っていることに対し、同博物館の広報担当者であるアンドリュー・ホリンガーは強く非難している。ホリンガーは、ホロコースト記念博物館から『Pokémon GO』のポケストップ設定を外すよう(ナイアンティックに)依頼している。

ナイアンティックの広報は、博物館の設定解除の依頼を受けれるかどうかという『Ars Technica』US版の質問には回答しなかった。その代わりに、ナイアンティックの「バグレポート・チケット」サイトのリンクが紹介され、同インターフェースから「不適切な場所やコンテンツ」は報告できるとの説明を受けた。

Morning! Playing #PokemonGO? Don’t catch & drive! Wait, park & then #Pokemon Go. #GottaCatchEmAll but safely! #LESM pic.twitter.com/cVCBKf1zd9

― SarasotaPD (@sarasotapd) 2016年7月11日

おはようございます。『Pokemon GO』で遊んでいるって? 運転しながら捕まえようとしてはいけません。駐車してから遊びましょう。(フロリダ州サラソータ警察のツイート)

『Pokémon GO』に関するネガティヴな報道は、そのほかにも流れてきている。全米各地の警察が、運転中のプレイや、プレイヤーが不法侵入で訴えられるケースなどを報告している。

人々にとっての現実は、すでに「ひとつ」ではない。実際の現実と想像上の現実が積み重なっているのだ。ゲーム開発者や都市プランナーは今後、こうした状況を考慮しなければいけないのだろう。