「デザインの解剖展」六本木で開催、明治「きのこの山」「ブルガリアヨーグルト」などを徹底検証

写真拡大

企画展「デザインの解剖展: 身近なものから世界を見る方法」が2016年10月14日(金)から2017年1月22日(日)まで、六本木の21_21 DESIGN SIGHTで開催される。

[ この記事の画像をもっと見る ]

「デザインの解剖」は、グラフィックデザイナー・佐藤 卓が2001年より取り組んでいるプロジェクトで、身近な製品を「デザインの視点」で解剖し、各製品の成り立ちを徹底して検証する試みだ。

これまで「ロッテ キシリトールガム」「富士フイルム 写ルンです」「タカラトミー リカちゃん」「明治 明治おいしい牛乳」「ISSEY MIYAKE A-POC BAGUETTE」などの製品が解剖され、原料や製法、製品管理から流通に至る幅広い要素が掘り下げられきた。

本展では、これまでに蓄積されてきた解剖の成果を紹介するとともに、新たに「株式会社 明治」の5つの製品に着目。誰もが知っている「きのこの山」「明治ブルガリアヨーグルト LB81 プレーン」などがフィーチャーされる。製品を取り巻く世界はもちろん、社会・暮らしとデザインの関係について、さらにデザインの役割や可能性について、深く考察する機会になりそうだ。

【詳細】
デザインの解剖展: 身近なものから世界を見る方法
会期:2016年10月14日(金)〜2017年1月22日(日)
会場:21_21 DESIGN SIGHT(東京ミッドタウン・ガーデン内)
住所:東京都港区赤坂9-7-6
開館時間:10:00〜19:00(入場は18:30まで)
休館日:火曜日、年末年始(12月27日〜1月3日)
※10月21日(金)、10月22日(土)は22:00まで開館延長(入場は21:30まで)
入場料:一般 1,100円、大学生 800円、高校生 500円、中学生以下無料
TEL:03-3475-2121