【焚き火台】炊飯もダッチオーブンもお任せ! アウトドア必須の神アイテム活用法7

写真拡大

キャンプの最大の楽しみの一つである、焚き火。

【写真で見る】スキレットにも! 焚き火台の美味しい使い方

近年、地面での焚き火を禁止する、直火禁止のキャンプ場が多いので、フィールドを選ばずに焚き火がしたいなら、「焚き火台」は必須アイテムです。

焚き火台の多くには、様々な機能や、拡張アイテムがあります。

単に焚き火をするだけでなく、煮込み料理をしたり、BBQをしたり、意外に活躍の場面は幅広い事実を、ご存知でしょうか。

コールマンの代表的な焚き火台「ステンレスファイアープレイス掘廚鯲磴法7つの活用法を紹介します。

焚き火 BBQ ダッチオーブン料理 炊飯 煮込み料理 湯沸かし 保温

「焚き火台」の選び方

当記事で紹介していくのは、コールマン製の焚き火台「ステンレスファイアープレイス掘廚函拡張テーブル「ファイアープレイステーブル」、鍋や飯ごう、ケトル等を吊せる「ファイアープレイススタンド」です。

焚き火台の活用法の紹介に、「ステンレスファイアープレイス掘廚鯀んだ理由は、私自身が使い込んでいて、よく知っているからなのですが、実はこの「ファイアープレイス」シリーズ、2015年グッドデザイン賞を受賞しています。

焚き火台としては、スノーピーク「焚火台」とならんで、少々高価な部類。

その分、頑丈ですし、よく考えて作られているので、様々な場面に対応でき、とても便利です。

機能面ではやや劣りますが、リーズナブルなところでは、ユニフレーム製の「ファイアスタンドII」「ファイアグリル」ほか、キャプテンスタッグやロゴスなども、焚き火台を販売しています。

ぜひ、使い道に応じて、好みの焚き火台を見つけてください。

※物によっては、当記事で紹介する使い方ができない焚き火台もあります。

1. 焚き火をするのに、焚き火台を使わなければならない理由って?

焚き火台のもっとも根本的な役割は、地面の保護です。

芝生や草地の場合は、芝生が焼け焦げて死んでしまわないように守り、また枯れ草等への延焼を防ぎます。

「ステンレスファイアープレイス掘廚蓮底部と地面の距離が近いタイプの焚き火台ですが(だから低重心でスタイリッシュに見える)、底受けの下に、さらに遮熱板がある、安心構造。

もう1つ、灰や燃えカスの処理が楽、というメリットがあげられます。

焚き火の後始末は、キャンパーとしての大切なマナー。

灰や燃えカスを放置しては、キャンプサイトが荒れますし、後に使う人に居心地の悪い思いさせてしまいます。

指定の廃棄場所に持っていく、あるいはしっかり消火してゴミとして持ち帰るなど、きちんと後始末をしましょう。

2. BBQコンロに早変わり!

ある程度のグレード以上の焚き火台は、BBQコンロにもなるように設計されています。

キャンプに行くのに、焚き火台とBBQコンロを、2つとも持っていくのは、よほど大型の車でない限り、荷物になってしまい邪魔です。

「ステンレスファイアープレイス掘廚両豺腓蓮底受けを引き抜き、上部にハメ込むことで、炭火の火加減がちょうどよい高さになります。

網も、焚き火台にきっちりハメ込める、専用設計です。

3. ダッチオーブン料理もできちゃう!

しっかり設計されている焚き火台は、耐荷重も優れているので、ダッチオーブン料理もできてしまいます。

「ステンレスファイアープレイス掘廚亮茲端蠅髻内側に倒し込むと、頑丈な五徳になります。

ダッチオーブンの12インチサイズで、だいたい重量10kgはありますが、しっかり支えられます。

また、クラシックアイアンスキレットなど、重量級の調理器具も、使用できます。

クラシックアイアンスキレットは、餃子を焼いたり、パエリアを炊いたり、料理の幅が広がるので、アウトドアクッキングに凝りたい方は、検討してみてください。

ダッチオーブンは、この後で紹介する、別売りの「ファイアープレイススタンド」に吊すこともできます。

炭火の上下火で、じっくり加熱したり、コトコト煮込んだりして、ダッチオーブンならではの美味しい料理を作りましょう。

シンプルなところでは、大型のトマトを丸ごとスチームすると、感動的な甘さが味わえるので、おすすめです。

味付けは、塩こしょうと、オリーブオイルのみ。レモンスライスなど、酸味を加えると、さっぱりしつつも、甘みがより引き立ちます。

4. ご飯も炊ける!

ここからは、別売りの追加アイテム「ファイアープレイススタンド」を使って、さらに焚き火台の活用範囲を広げていきます。

「ファイアープレイススタンド」は、チェーンの先のフックに、鍋や飯ごうなどを吊せます。

素敵なのは、チェーンの長さを簡単に調整できる点。

焚き火での調理は、火加減を一定に保つのが難しいのですが、これなら楽チン。

火が強すぎたら、チェーンを短くして一時退避させる。火が弱すぎたら、グッと落として火に近づける。

など、調整が簡単にできてしまいます。

特に、火加減が顕著に出来上がりに直結する「炊飯」には、とてもとても便利なアイテム。

焚き火で、ご飯を美味しく炊くコツは、大まかに3つ。

お米を水にしっかり漬けてから炊く 火加減は、中弱火で一定 鍋や、飯ごうの「底」に、火が偏らずに当たるように

慣れないと、芯が残ったり、一部だけ焦げたり、失敗すると思いますが、ぜひチャレンジしてみてください。

うまく炊けないなぁという試行錯誤も、キャンプの楽しみの一つです。

5. 焚き火を楽しみながらコトコト煮込み料理

アウトドアのゆったりとした時間を味わうのに、煮込み料理はいかがでしょうか。

焚き火をのんびり楽しみながら、コトコト煮込んでいきましょう。

炊飯ほど、火加減に気をつかう必要がないので気楽です。

※とはいえ、強火過ぎると鍋底が焦げ付くので、注意してください。

具材となる野菜や肉を、小さくカットすれば、火の通りは早くなりますが、あえてジャガイモ丸ごと、ニンジン丸ごと、お肉ブロックごと、というように、ワイルドな料理にするのも、アウトドアらしくていいですね。

個人的には、スペアリブや、豚バラかたまりなどの肉を、1時間以上煮込んで、ホロホロにして食べるのが大好きです。

6. 強火で一気に湯沸かし!

2バーナーなど、ガスカートリッジ式のコンロは便利ですが、火力に少し難があります。

大人数キャンプで、スープや豚汁を作ろうと、鍋にたっぷりのお湯を沸かそうとしても、なかなか沸騰してくれません。

あるいは朝起きて、コーヒーを淹れようとしても、時間が掛かってしまいます。

こんなときに、焚き火台でガンガンに火を焚いて、鍋ややかんを強火にかければ、あっという間にお湯が沸きます。

7. コーヒーやスープを熱々に保温

春や秋など、朝晩が冷え込む季節にキャンプをすると、熱々のコーヒーが、恋しくなります。

淹れたてのコーヒーを、直火に掛けられるやかん(コールマン「ファイアープレイスケトル」や、ユニフレーム「キャンプケトル」など)にいれ、「ファイアープレイススタンド」のチェーンを短くして遠火で焚き火台に掛けておけば、長時間にわたり、熱々のコーヒーが飲めます。

アウトドアでは、いちいちコーヒーを淹れたり、沸かし直したりするのが手間なので、とても重宝します。

また、大人数キャンプで、食事のタイミングが少しずつズレるようなケースでは、同様にして、料理やスープが冷めてしまうのを防げます。

以上、コールマンの「ファイアープレイス」シリーズを例に、焚き火台の7つの活用法を紹介しました。

焚き火台は、使い方と工夫によって、一石二鳥どころか、三鳥にも四鳥にもなる便利アイテム。

ぜひ、自身のアウトドアライフを想像しながら、最適な焚き火台を見つけてください。