新型ルノー トゥインゴの概要はこちらでもご紹介しました。7月13日に日本でも発表され、予約注文は発表日翌日の7月14日からとアナウンスされていますが、169万円の限定車トゥインゴ サンクSは、同モデルのみMT(導入時点)であり、50台限定ということもあって、広報の方によると14日時点ですでに完売しているかも、とのこと。

1

いまでこそカングーに根強いファンがつきましたが、ルノーといえばコンパクトカーやスポーツカーを思い浮かべる人も多いでしょう。1961年登場のルノー 4(キャトル)、1972年登場のルノー 5(サンク)などFFのコンパクトカーだけでなく、戦後直後に生まれたあの4CVはRRでしたが、小粋なFFコンパクトを多く世に送り出し、愛らしい顔つきで登場した初代トゥインゴは、93年から欧州を皮切りに発売されています。

2代目のトゥインゴ2(2=ローマ数字)では、RS(ルノー スポール)やゴルディーニ仕様も記憶に新しいところ。

そして、RRを採用する新型トゥインゴ(トゥインゴ3)は、メルセデス・ベンツのsmart(スマート)とのブランド違いとなっていますが、こちらは5ドアのみです。

パリコレを模したプレス発表会では、モデルでバラエティ番組にも出演しているIVAN(女性衣装、男性衣装の両方で登場)をはじめとしたモデル達がランウェイを練り歩き、多彩なカラーが魅力の新型トゥインゴがその回りを旋回するといった凝った上演がされていました。

新型トゥインゴの特徴として、最小回転半径4.3mという小回り性能の高さがありますが、ラウンドアバウト(環状交差点)を小気味よく回るような演出も用意。

発売開始は9月15日からなのに、169万円というインパクトのある価格設定で登場したNAエンジン+5MTの限定車「トゥインゴ サンクS」を手に入れるのは難しい状態ですが、本国で発表されたターボエンジン搭載車+MTの「トゥインゴGT」も来年あたり日本にも入ってくるかもしれませんので、MT派の方は慌てずに待つ手もありますし、NA+MT仕様も今後、限定車などで追加される可能性もありそうです。

(文/写真 塚田勝弘)

【関連記事】

■新型ルノー トゥインゴは9月15日発売!5MTで限定車の価格は169万

http://clicccar.com/2016/07/13/385939/

即日完売!? 新型ルノー・トゥインゴの169万円デビュー限定車、人気の秘密は!?(http://clicccar.com/2016/07/14/386111/)