薄着の季節になると気になるのが、ブラからはみ出たお肉。脇や背中のプニっが目立ってしまうんですよね。彼氏や旦那さまに指摘されて気付く人も多いとか。太っていなくてもハミ肉は存在するのです。スタイルも悪く見えてしまうこのお肉、なんとかならないのでしょうか?

つきやすいのに落ちにくい背中の脂肪

このハミ肉は、バストのほうから流れてしまったお肉と二の腕や背中についたお肉が原因です。サイズが合っていないブラをつけていたり、間違ったつけ方をしていると脇に肉が流れやすくなります。また、姿勢が悪く猫背の状態だと、脇の筋肉が凝ってリンパの流れも悪くなり、周辺に贅肉がつきやすくなってしまうのです。加齢に伴い、バスト周辺や背中の筋肉不足でたるんでしまうのもハミ肉の原因。猫背+運動不足+合っていないブラのコンボでハミ肉は増えていくばかり。一度ついてしまうとなかなか落としにくいのもこの周辺の脂肪です。

ハミ肉をバストのお肉にしゃおう

ハミ肉解消には、脇や鎖骨のリンパの通りを良くする、背中と二の腕のエクササイズをする、サイズの合ったブラを正しくつけることを意識して行いましょう。

○入浴時のリンパマッサージ

左胸の下から谷間を通って右の鎖骨のほうに4本の指で流すようにさする×3
右胸の下から谷間を通って左の鎖骨へ同じようにさする×3
右の手で左の脇からデコルテに向かってお肉を寄せるようにマッサージ×10
反対側も同じようにマッサージ×10

○背中と二の腕にキク! エクササイズ

胸を張るような感じで両手を斜め後ろに伸ばす
ゆっくりと息を吸いながら肩から腕を外側にねじる
今度は息を吐きながら肩から腕を内側にねじる
背中側で手を組んで、組んだ手を少しずつ持ち上げて背中が張った位置で10秒キープ
ゆっくりと手を元の位置に戻す
これを10セット!

○ブラはランジェリーショップでサイズを測ってもらい、自分の胸に合ったタイプのものを一度選んでもらうとよいでしょう。

デコルテが痩せていたり、鳩胸だったりと個人の胸の形に合ったタイプのブラの形(ハーフカップ・3/4カップなど)とサイズを知ることで、脇や背中に胸が流れるのを防いでくれます。アンダーベルトが高めの補正ブラで背中や脇肉を胸に戻すのも注目されていますよ。

猫背で脇や背中が段々になるオバサン体型にならないように、意識して鎖骨を開いて背筋を伸ばすようにすることも大切です。日ごろのケアでハミ肉を解消しましょう!


writer:しゃけごはん