玉袋筋太郎がパチンコ業界の″グレーゾーン″に触れる「お金が出るのはおかしい」

写真拡大

13日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、浅草キッドの玉袋筋太郎が、パチンコ業界の問題点に触れる場面があった。

番組の「オトナが知るべきニュースランキング 今夜は寝れ9!!」のコーナーでは、銀行ATMをパチンコのホールに設置することを疑問視する「週刊新潮」の記事を取り上げた。

現在、1000台以上のATMがホールで稼働しているが、共産党の大門実紀史参院議員が「人の弱みにつけ込み、ギャンブル依存に引き込む悪徳商法だ」と批判するなど、国会内でも目下問題になっているという。

出演者がこの問題について意見を交わす中、玉袋は割って入るように「(パチンコの)景品交換で、お金が出るってこと自体がおかしいんじゃない?」と指摘したのだ。これに、ラッパーの宇多丸が「非常にグレーゾーンの話をされてる」とツッコむと、スタジオでは大きな笑いが起こった。

玉袋がなおも「チョコレートとか、キャラメルとか、タバコとか、すべてそれぐらいにしときゃいいんだよ!」とまくしたてると、MCの長谷川豊氏が「偶然換金できる場所がある」のだと意味深に応じる。

さらに玉袋が「(お金に)変わっちゃうんだよ! ライターの芯が!」と不思議がると、長谷川氏がにこやかに「いろんな日本の摩訶不思議ですねぇ」と締めて、番組は次の話題に移っていった。

【関連記事】
和田アキ子が「パチンコは公営」と発言 国山ハセンアナから訂正を受ける
「ビビット」で生活保護受給者のパチンコに賛成多数 テリー伊藤は「何が悪い?」
「働かずパチンコ」…いわき市長が避難民を批判する“タブー”発言で波紋広がる