池袋に体験型妖怪テーマパークが出現 「GeGeGe水木しげるの大妖界」

写真拡大

7月26日(火)より、東京・池袋のサンシャインシティにて、漫画界の巨匠・水木しげるが描いた妖怪とふれあう体感型の妖怪テーマパーク『体感妖怪アドベンチャー GeGeGe水木しげるの大妖界』が開催される。

このイベントは、2015年11月に惜しまれつつ亡くなった水木しげるが描いた妖怪たちを通じ、「見れないものへの畏れ」を感じるテーマパーク。日本各地には古くから妖怪伝説が存在し、妖怪が恐れられつつも親しまれてきたが、同展ではさまざまな妖怪に触れ合うことで、ワクワクドキドキの妖怪体験を楽しむことができる。

会場には、鳥取県境港市の水木しげるロードと同じブロンズ像に特別な演出を施したコーナー、細部まで描き込まれた妖怪複製原画の展示、日本各地の多種多様な妖怪の紹介、屋敷や森を歩きながらそこに棲む妖怪と出会えるインタラクティブなゾーン、世界各地の冥界(死後の世界)からの使者が立ち並ぶコーナーなどが登場。妖しくて楽しい水木しげるの妖怪の世界を体験することができる。

『体感妖怪アドベンチャー GeGeGe水木しげるの大妖界』は、2016年7月26日(火)〜8月29日(月)まで、池袋・サンシャインシティ ワールドインポートマートビル4F 展示ホールA(豊島区東池袋3−1−1)にて開催。会期中無休。開場時間は10:00〜18:00。入場料金は当日一般1500円。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです