画像

写真拡大

 2016年9月20日(火)、21日(水)の 2日間開催される「アドテック東京」にて、LINEの出澤 剛氏、ヤフーの宮澤 弦氏、DACの矢嶋 弘毅氏、日本インタラクテイブ広告協会(JIAA)事務局長の長澤 秀行氏によるセッションが行われることが決定した。

 2016年9月20日(火)、21日(水)の 2日間、東京・有楽町の東京国際フォーラムで開催される「アドテック東京」にて、LINE代表取締役社長CEO 出澤 剛氏、ヤフー上級執行役員 宮澤 弦氏、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム代表取締役会長CEO 矢嶋 弘毅氏、日本インタラクテイブ広告協会(JIAA) 事務局長 長澤 秀行氏によるセッションが行われることが決定した。セッションテーマは「インターネット広告の健全な発展に必要なこと」

 インターネット広告は、市場規模が2014年に初めて1兆円を超え、今後さらなる成長が見込まれている。その一方で、過度な行動ターゲティングや、広告表示がされないネイティブ広告などユーザーの信頼損失につながる問題が存在し、これらが業界の成長を損なうのではと危惧されている。

 そこで今回、インターネット業界を牽引する4名が「インターネット広告がユーザーの信頼を得たうえで発展していくためにすべきこと」をディスカッションする。

●セッション概要

 テーマ:「インターネット広告の健全な発展に必要なこと」(A-5)
 日時:2016年9月20日(火)17:20〜18:10
 会場:東京国際フォーラム ホールB

MarkeZine編集部[著]