和の灯りが照らす幻想世界 御船山楽園の自然と光のアートがパワーアップ/画像提供:御船山観光ホテル

写真拡大

【御船山楽園/女子旅プレス】2016年7月15日(金)〜9月25日(日)、佐賀県の国登録記念物・御船山楽園を5,000個の柔らかな和の灯りでライトアップするイベント「納涼 竹あかり」が開催される。御船山を背景に、15万坪もの広大な日本庭園が、自然とアートを一体にした幻想的な空間演出に包まれる。

【さらに写真を見る】和の灯りが照らす幻想世界、パワーアップした「納涼 竹あかり」各エリアをチェック

1845年に開園した名勝地の大庭園をキャンバスに展示する作品の名は「小舟と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイングと蓮の花 - Mifuneyama Rakuen Pond」。

昨年、チームラボとコラボし、世界初の試みとなる湖面プロジェクションによるデジタルアートとして登場した作品には3万人が来園。今年は本作品のプロジェクション範囲を、昨年の約3倍となる池全体に拡大し、約2,000平方メートルの湖面スクリーンにて展開。鯉に加え池の各所に新たに「蓮の花」が加わりバージョンアップした。

◆池全面を用いた巨大アート作品


プロジェクションを投影する池の水面は、センシングされタッチパネルのようになっており、水面に映し出された鯉や蓮は、池に浮かんで進む小舟と互いの動きに影響を受け合ってインタラクティブに反応。デジタルアートによる幻想的な世界が広がる。

◆自然と光のアートに包まれる


また、池の周囲の散策路を中心に、庭園上部はツツジ谷周辺に約5,000個の竹灯籠やハスの花のモチーフ、光のカーテン、七色灯篭などのオブジェを設置。

さらにライトアップされた木々と御船山、虫の音、星たち、そして小舟とともに踊る光の魚などすべてが一体となり、池泉回遊式庭園ならではの自然とアートの競演を楽しむことが出来る。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■納涼 竹あかり


会期:2016年7月15日(金)〜9月25日(日)※9月は土日祝日のみ
会場:佐賀県武雄市武雄町武雄4100御船山楽園
開催会場:佐賀県武雄市武雄町武雄4100御船山楽園
開演時間:20:00〜閉門時間22:30
アクセス:JR武雄温泉駅より御船山楽園までバス運行
電話番号:0954-23-3131(御船山観光ホテル)