主役はチョコ! 完売御礼の「青チョコジェラート」と新登場の「赤チョコジェラート」を食べてみた☆おいしすぎてスプーンを運ぶ手が止まりません……!

写真拡大


昨年約3000セットが予約完売し話題をさらったという、フェリシモの「青チョコジェラート」。前回気になりつつも購入できずに涙をのんだ方も多いのでは?

そんな伝説の青チョコジェラートが、今年はさらに世界初の「赤チョコジェラート」をひっさげて再登場!

「おお、これは食べてみたい!」と思っていたところ、まだ発送がスタートしていない両アイス「ケルノン ダルドワーズ ジェラート(青)」と「ムシュワール ダ ショレ ジェラート(赤)」をフェリシモからご提供いただけました。

高級感あふれるパッケージを前にすると、否が応でも期待感はマックス! 青チョコ未体験の記者が、一足お先にお味を確かめてみましたーー!

【上品なブルーに目が釘付け】

画像では見たことがあったものの、実際目にする淡いブルーのアイスは、想像以上の美しさ。アイスの上に乗っているのは、フランス西部の家の青い瓦をイメージしたという青チョコのかけら。そこはかとなく漂うラグジュアリー感にテンション上がる〜♪

この青チョコのかけらは、ホワイトチョコのアイスの中にもザクザク入っているのがポイント。

【飴がけナッツのコクのある甘さがたまらない!】

青チョコでコーティングされた飴がけナッツは、べっこう飴を思わせるどこか懐かしい甘さで、キャラメル状にとろけた部分がアイスと混ざると、コクのある甘さが際立つ超絶のおいしさに!

青チョコのカリカリ食感とアイスのなめらか食感の波が交互に押し寄せてきて、スプーンを口に運ぶ手が止まりません。お高めなので「頑張った時のお楽しみにしよう」と思っているのに、すぐに2個目にいきたくなる欲求を抑えるのが大変かも!

【初登場の赤チョコジェラートはいかに?】

一方、赤チョコアイスは、フタを開けると真っ赤なチョコのトッピングが目に鮮やか! アイスは淡いピンク色で思わず「ストロベリー味?」と思ってしまうけど、実際食べてみるとミルキーなお味。

こちらも赤チョコのかけらがたくさん入っていて、ほのかなオレンジ風味のアーモンドペーストがいい仕事をしています♪

【チョコを堪能するためのアイス】

ちょっとあっさりしすぎかも……? という印象がなきにしもあらずのアイスは、つまりはチョコのおいしさを最大限に引き出す脇役だったわけね! トッピングがここまでグイグイ主張するアイスは未だかつてなかったのでは……!?

まさに、青チョコ&赤チョコをとことん堪能するためのアイスといった仕上がりです。

ちなみに、申し込みの締め切りは8月8日(月)で、お届け時期は9月中旬〜下旬とのこと。
お値段は、各色1セット6480円(税込み)です。

どちらにしようか迷ったら、青&赤ジェラートのセット(税込み12420円)がおすすめ。このセットにはオリジナルホワイトチョコがついてくる「トリコロールキャンペーン」を開催しているそうですよ。みなさまもぜひご賞味あれ☆

参照元:フェリシモ
画像・執筆=沢野ゆうこ(c)Pouch

画像をもっと見る