新加入のグルイッチを称えるクロップ「彼にとって大きな瞬間」

写真拡大

▽リバプールのユルゲン・クロップ監督が、今夏の移籍市場で獲得したセルビア代表MFマルコ・グルイッチを称賛している。クラブ公式サイトが指揮官のコメントを伝えた。

▽リバプールは13日、プレシーズンマッチでイングランド3部のフリートウッドと対戦。この試合に先発出場を果たしリバプールデビューを飾ったグルイッチは、18分にチームの先制点となる移籍後初ゴールを奪った。チームはその後もゴールを重ねて、5-0と圧勝している。

▽試合後、メディアの前で総括を行ったクロップ監督はデビュー戦で見せたグルイッチのパフォーマンスを称賛している。

「彼はまだ若い選手(20歳)だ。身体的な部分でまだまだ成長する。今日に関して言えば、上手くやってくれたと思っている。スチュワートと並んで良いプレーを見せていた。まだまだ学ぶこともあるが、今日に関しては素晴らしいものだった」

「デビュー戦ながらゴールを奪っている。これは夢のようなことだ。残念ながら、親善試合だったため、選手たちはあまりゴールを祝わない。しかし彼にとっては大きな瞬間であり、私にとっても嬉しい出来事だった。最初の試合で結果を残せたことは今後に繋がる」

▽また試合については満足感を示す一方で、改善すべき点もあったとの印象を口にした。

「いくつもの良い発見があった。ただ、まだまだ動き出したばかりであり、これからも懸命にトレーニングを続けなければいけない。フリートウッドのような相手でも何度かは決定機を与えてしまう。そこは改善する必要がある。ただ、結果として5-0と圧勝しているし、今日に関しては良くやってくれた」