アメリカでは「ひまわりの種」をドライブしながら食べるらしいぞ! 7月14日は「ひまわりの日」です♪

写真拡大

本日7月14日は、ひまわりの日! 1977年のこの日、日本初の静止気象衛星「ひまわり1号」がアメリカのケネディ宇宙センターから打ち上げられたことが由縁ですが、 “ひまわり” つながりということで、本日は花のほうのひまわりにまつわる話を1つ。

みなさんは、ひまわりの種を食べたことがあるでしょうか。おそらく、意識して食べることはあまりない、という人がほとんどなのでは? 事実、当編集部スタッフに聞いてみたところ「食べたことがある」「普段食べている」という人の数はゼロでした。

【え! みんな食べたことないの!?】

しかし記者(私)はひまわりの種を食べたことがあります。

ごくたまに、足を運んでいるバーでおつまみとして出されることがあるため、「食べるの!?」という反応のほうが、個人的にはむしろ意外だったのよね。まあ、スーパーで見かけることはそうそうないから、食べたことがない人がいても全く不思議ではないのだけれど。

ちなみに味はというと、カシューナッツとかアーモンドに近い感じ、かな! 香ばしくって、 後を引く美味しさ、とでも言いましょうか。

また、朝食で人気の「グラノーラ」にはよく入っていますし、気づかずに食べている人も多いかもしれませんね。

【海外では超メジャーなスナック】

日本ではあまりメジャーな存在ではない「ひまわりの種」ですが、海外ではコンビニで売られているほど一般的なスナック。

編集部内のアメリカ人男性に聞いたところ、「手も汚れないので長時間のドライブに最適。アメリカに帰ったら真っ先に食べるよ!」とのこと。

【かぼちゃの種もスナック感覚で食べるよ】

また、アメリカではかぼちゃの種も、捨てずにローストして塩をまぶして食べるそう。ハロウィンの際にかぼちゃをたくさんくり抜くので、そういう時に大量の種をローストするんですって。へええ、無駄がなくって素晴らしい!

ちなみに「かぼちゃの種」、日本ではお菓子の材料として売っているほか、たまーにおつまみとして出てくるのよね。こちらもクセがなくって美味しいです。

【日本でも買えます】

ローストした食用ひまわりの種は、日本の通販サイトで購入することができます。Amazon.co.jpでひまわりの種を取り扱う「新鮮市場藤本商店」のコメントによれば、ひまわりの種には葉酸やビタミンE、鉄分、亜鉛などなど、数多くの栄養素が含まれており、健康食品としても超優秀なよう。

しかしながら高カロリーなので、食べすぎには注意が必要です。まだ食べたことがないというあなたは、ぜひいちど食べてみて♪

参照元:今日は何の日〜毎日が記念日〜、Amazon.co.jp
画像:ぱくたそ
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事をPouch[ポーチ]で読む