13日、AP通信によると、南シナ海をめぐる仲裁裁判で仲裁裁判所が中国の主張する権利を退けたことを受け、中国は防空識別圏(ADIZ)を設定する権利があると主張した。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年7月13日、AP通信によると、南シナ海をめぐる仲裁裁判で仲裁裁判所が中国の主張する権利を退けたことを受け、中国は防空識別圏(ADIZ)を設定する権利があると主張した。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

中国外交部の劉振民次官は13日、南シナ海をめぐる仲裁裁判で仲裁裁判所が中国の主張を退けたことを受け、判決に反論する白書を発表した。白書では、南シナ海の島々は中国の「固有の領土」であるが、フィリピンが中国に対して妨害を行ってきたと述べられている。劉次官は、「我々の安全が脅かされるなら、我々は当然、防空識別圏を設定する権利がある」と主張した。また、南シナ海問題を複雑化させたのはフィリピン前政権だと批判したが、中国との対話に積極的な姿勢を見せている新政権との2国間協議によって解決できることを期待しているとの姿勢を示した。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「防空識別圏を設定したらいい。誰も関心を払わないよ」

「中国製品の不買運動をしよう」

「関税と禁輸の対応をすべきだ!中国経済を崩壊させて、中国から私たちの国に人が押し寄せてくるのを止めよう」

「冷戦だ」

「南シナ海に平和を」

「中国の傲慢な態度は、多くの人々が疑わしいと思っていたことを確信させた。中国は政権交代すべきだ」

「中国は厳しい立場に置かれている。他国いじめがうまくいかなかった今、彼らは後退するかもっと激しくいじめるかのどちらかを選ばなければいけない」(翻訳・編集/蘆田)