『22年目の告白─私が殺人犯です─』で初共演W主演する藤原竜也(左)と伊藤英明(右)

写真拡大

藤原竜也と伊藤英明が2012年に韓国で公開され動員270万人を突破したクライムサスペンス『私が殺人犯です』を原作にした映画『22年目の告白─私が殺人犯です─』で初共演。W主演することがわかった。

[動画]「石原さとみを操れるなら」という質問に藤原竜也と山田孝之の回答は?

阪神大震災、そして地下鉄サリン事件と、混沌とした出来事が続いた1995年に起こった5件の連続殺人事件。被害者に近しい者に殺人の瞬間を見せつけること、背後から縄で首を絞めあげること、目撃者をあえて殺さずに犯行をメディアに証言させること。この3つをルールとした残忍な犯行は、世間の注目を浴びたが、担当刑事の牧村は、あと一歩のところまで犯人を追い詰めるものの、狡猾な犯人の罠によって敬愛する上司が殺され、犯人自体は姿をくらまし、事件は未解決のまま時効を迎えてしまう。

ところが、あの事件から22年後のある日、一冊の本が出版され日本中を震撼させる。タイトルは「私が殺人犯です」。それは、あの事件の犯人と名乗る男が書き綴った殺人手記だったのだ。出版記念会見に現れたのは、曾根崎と名乗る妖艶な男で、反感の情を押さえきれない世間や過熱するマスコミ報道、さらにSNSにより彼は、一躍、時の人になっていく。だがそれは、新たな事件の始まりに過ぎなかった。

藤原が告白本を出版する殺人犯・曾根崎雅人(そねざき・まさと)役を。伊藤が事件発生直後から犯人を追ってきた刑事の牧村航(まきむら・こう)役を演じる。『SR サイタマノラッパー』シリーズで脚光を浴び、『ジョーカー・ゲーム』などの話題作を手掛けてきた入江悠監督がメガホンをとる。

本作出演に藤原は「入江監督とは以前テレビドラマでご一緒させていただき、才能のある同世代の監督と出会えたことは、自分にとって大変良い経験でした。今回、また監督とご一緒できること、こうした大作感のある映画に参加できることは、大変意味深いことですし、僕も集中して全編通して入りこまなければいけない作品だと痛感しております。伊藤さんとは、共演が初めてですのでとても楽しみです。対峙し合う真逆のキャラクターを演じますので、刺激を受けながら俳優として良い関係性を築きたいと思っております」とコメント。

伊藤は「この度初めて入江監督の作品に携わる興奮と喜びを感じつつ、アクション等細かい所にもこだわり、一つ一つのシーンに力と情熱をそそいで演じたい。また、時効を迎えてしまったという刑事の無念さを表現していきたいと思います。今回初めて共演する藤原竜也さんをはじめ素晴らしいスタッフと共に良い作品作りをしていきたいと思っています」と話している。

『22年目の告白─私が殺人犯です─』は2017年初夏に全国公開となる。

【関連記事】
藤原竜也が10億円の懸賞金をかけられる人間のクズを演じた『藁の楯』ポスター解禁!
『るろ剣』続編は2部作! 佐藤健が剣心に再び挑み、宿敵・藤原竜也と激闘
伊藤英明、『悪の教典』映画化で主演に抜擢!「史上最凶最悪の主人公目指します」
伊藤英明が原作者の「『海猿』の続編ない」発言を受け、心境を吐露