創業家社長はお金の使い方も豪快

写真拡大

 本誌は企業トップの実際の年収を知るべく東京商工リサーチの協力を得て、役員報酬1億円以上の社長、会長、代表取締役を対象に調査を行なった。2015年度(2015年4月期〜2016年3月期決算)の有価証券報告書の公開データ(7月1日時点)を基に「役員報酬+株主配当」の額を算出し、ランキングを作成した。

 100億円近い年収で堂々のトップに輝いたのは、ソフトバンクの孫正義・社長(58)だ。役員報酬は1億3000万円だが、配当額を加えた年収は95億4500万円。64億7800万円の高額報酬で注目されたニケシュ・アローラ氏(48・株主総会前日に退任)を大幅に上回る金額となる。2位はファーストリテイリングの柳井正・会長兼社長(67)で82億8500万円(役員報酬額は2億4000万円)。

 2トップの他にもランキングではトヨタ自動車の豊田章男・社長(60・16位の3億2700万円)の、セガサミーホールディングスの里見治・会長兼社長(74・4位の17億2200万円)など大株主である「創業家社長」の名前が目立つ。豊田氏も里見氏も役員報酬の3倍近い額を配当で受け取っている。

 お金の使い方も豪快だ。

「プライベートでも車好きの豊田氏はカーレーサーとして活動するほか、本体価格6000万円のトヨタ製の高級クルーザー『PONAM』を所有し、休日は海に出てクルージングを楽しんでいます。

 無類の馬好きとして知られる里見氏は、今年の皐月賞で1番人気となったサトノダイヤモンドなど『サトノ〜』『〜サミー』の名を冠した複数の競争馬のオーナー。ダービー馬を輩出することが長年の夢であり、昨年はディープインパクト産駒の1歳馬を2億5380万円で落札して話題を集めた」(全国紙経済部記者)

 創業者の大富豪には馬好きが多く、フィールズの山本英俊・会長(60・28位の6億1300万円)やオービックの野田順弘・会長(77・51位の3億7400万円)も馬主として知られる。

 グリー創業者の田中良和・会長兼社長(39・7位の13億1200万円)は巨大な別荘を所有しており、「週末は軽井沢で過ごしていることが多い」(IT業界関係者)という。

 田中氏は年収のうち、配当収入が11億2200万円を占める。孫氏や柳井氏と同様に「報酬」だけを見ていてはわからない“高年収社長”である。

※週刊ポスト2016年7月22・29日号