北京の路線バス「300路(路線名)」の194台で12日より、Wi−Fiの公開試験が行われる。

写真拡大

北京の路線バス「300路(路線名)」の194台で12日より、Wi−Fiの公開試験が行われる。計画では9月末までに無料Wi−Fiが利用可能となる路線バスが1万8000台に達し、五環路内のほぼすべての路線をカバーする見通しだ。新華社が伝えた。

無料Wi−Fiが利用できるバス内には「乗車時にアプリ起動で即接続可」というステッカーが貼られ、乗客はアプリ「16WiFi」を起動するだけで、システムが自動的に認証を行い、ネット接続してくれる。同アプリはすでに公安当局の認可を受けており、ネット接続中のハッカーによるフィッシング行為を自動的に識別することが可能だ。

技術者によると、バスのWi−Fiの理論値はアップグレード後、帯域幅が100−150Mに達する。これにより50〜100人が同時にウェブサイトにアクセスすることが可能で、バス停での乗降車の際にも、接続が切断されるといったことはないということだ。(提供/人民網日本語版・編集YF)