13日、ロイター通信によると、オランダ・ハーグの仲裁裁判所が、南シナ海で中国が歴史的な権益を主張する法的根拠はないとの判決を下したことについて、米国のアーネスト大統領報道官は、すべての紛争当事国に判決を受け入れるよう求めた。資料写真。

写真拡大

2016年7月13日、ロイター通信によると、オランダ・ハーグの仲裁裁判所が、南シナ海で中国が歴史的な権益を主張する法的根拠はないとの判決を下したことについて、米国のアーネスト大統領報道官は、すべての紛争当事国に判決を受け入れるよう求めた。

仲裁裁判所は12日、南シナ海のほぼ全域の資源に対して中国の主権が及ぶとした中国の主張に法的根拠がないとの判決を下した。アーネスト氏は同日、「すべての紛争当事国に、判決結果を事態のエスカレートや挑発行為に使うべきではない」と述べ、判決が最終的なものであるとの見解を示した。また、米大統領選で民主党の候補指名を確実にしたヒラリー・クリントン前国務長官は声明を発表し、すべての紛争当事国が判決に従い、平和的で多角的な手段による紛争の解決を追求することが重要であると述べた。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「今回の判決による教訓は、人工島を作る前に仲裁裁判所に許可を得るべきということだな」

「この判決によって、中国と台湾の間に絆が生まれていることは興味深い」

「中国はこれからも自分たちのやりたいようにやるし、米国は中国製品の輸入を続けるよ。中国は誰からも罰を受けていないのだから、今さら変わるだろうとなぜ期待するんだ?」

「中国は地域の平和を乱すことをやめるべきだ。航行の自由は順守されるべきだ」

「中国よ、あなたたちはアジアのゴッドファーザーだと思っていないか?」(翻訳・編集/蘆田)