『モアナと伝説の海』ヒロインのモアナ (C) 2016 Disney. All Rights Reserved.

写真拡大

ディズニー・アニメーション最新作『モアナと伝説の海』の日本公開日が2017年3月10日に決定し、そのポスタービジュアルが解禁となった。

『ズートピア』の劇中に『アナ雪』や日本発の人気キャラが隠されていた!

本作は、南太平洋で語り継がれる神秘的な伝説をもとにしたストーリー。ヒロインは数々の伝説が残る島で生まれ育った16歳の美しい少女モアナ。幼い頃のある体験がきっかけで、海と運命的な絆で結ばれた彼女が、いつしか海に愛されるという特別な力を持つようになり、やがて世界を1つにつなぐ大海原へと、神秘に満ちた冒険の旅に繰り出していく。

ディズニー・アニメーションの魅力の1つが、『アナと雪の女王』でアナとエルサが披露したような、歴代ヒロインたちの美しい歌声。メガホンをとるのは、『リトル・マーメイド』 『アラジン』といった名作を世に贈り出してきたゴールデンコンビのロン・クレメンツ&ジョン・マスカー監督で、永遠のミュージカルナンバーを生み出してきた両監督ならではの珠玉のオリジナルソングが本作を彩る。

楽曲提供は、音楽家のマーク・マンシーナ(『ライオン・キング』『ターザン』など)と、ブロードウェイの大ヒットミュージカル「ハミルトン」で第70回トニー賞受賞のリン=マヌエル・ミランダ。

はたして、好奇心と勇気に溢れたモアナは、いかに海と絆で結ばれ、なぜ海に選ばれたのか? 『モアナと伝説の海』は2017年3月10日より全国公開となる。

【関連記事】
[動画]久しぶりに聴いてみる?『アナと雪の女王』主題歌「Let It Go〜ありのままで〜」映像
松たか子、神田沙也加らが氷で作った樽で鏡開き/『アナと雪の女王』大ヒット記念
『アナ雪』大ヒットを生むまで/ディズニーアニメ、挫折と復活の歴史
「Let It Go」に続くか!? 『マレフィセント』日本語主題歌を歌う大竹しのぶの歌唱力