中国企業が製造した安全検査設備が11日、ブラジルのリオデジャネイロ五輪の開会式会場のエスタジオ・ド・マラカナンに運び込まれ、設置と調整が行われた。

写真拡大

中国企業が製造した安全検査設備が11日、ブラジルのリオデジャネイロ五輪の開会式会場のエスタジオ・ド・マラカナンに運び込まれ、設置と調整が行われた。新華社が伝えた。

【その他の写真】

五輪開催期間中、中国から輸入された安全検査設備200台以上が五輪の順調な運営をサポートすることになる。(提供/人民網日本語版・編集KS)