▽明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第3節の鹿島アントラーズvs名古屋グランパスが13日に行われ、3-0で鹿島が勝利した。

▽前節の広島戦を制した1stステージ王者の鹿島と、リーグ10戦勝利なしの名古屋が激突した。試合は、早々の6分に鹿島が動かす。スローインの流れから正面で土居がつなぐと、最後はファーサイドの中村がプッシュ。鹿島が幸先よく先行した。

▽さらに鹿島は、26分に追加点を記録する。右サイドの永木がクロスを入れると、ニアサイドの名古屋DF安田がクリアしきれず流れる。最後はファーサイドに走りこんでいた山本が押し込み、鹿島がスコアを2-0とした。

▽迎えた後半も鹿島が優位に試合を進める。しかし、赤崎や遠藤がラストプレーの精度を欠いたことで、なかなか追加点を記録できない。83分にはボックス右の折り返しから正面でフリーだった永木が絶好機を迎えるが、ダイレクトで放ったシュートを枠に飛ばせず、チャンスを逸する。

▽それでも、鹿島は87分にダメ押し弾。柴崎の左CKに合わせた赤崎のヘディングシュートがポストに直撃するも、最後は混戦から鈴木が押し込んで試合を決めた。

▽2連勝の鹿島は年間2位をキープ。敗れた名古屋はリーグ11戦未勝利となっている。