避妊だけじゃない!「低用量ピル」の使用方法

写真拡大


執筆:Mocosuku編集部
監修:太田郁子(医学博士)


昔と比べて副作用が少なく、避妊薬として承認されている低用量ピル(経口避妊薬)。望まない妊娠を避けるために使用している女性もいるでしょう。しかし、低用量ピルの役割は避妊だけではありません。婦人科系の疾患を改善するために使用している女性もいます。
いったい低用量ピルにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

低用量ピル(OC)のメリット

生理周期を安定させる


生理不順の人は、排卵や生理が正しく行われておらず、卵巣を酷使している場合や卵巣の機能が低下している可能性があります。

低用量ピルには排卵を抑制する働きがあるため、生理を28日周期に安定させることができます。旅行やイベントに合わせて生理周期を移動させることも可能です。

無排卵周期症による不順な月経を繰り返すと、子宮体癌のリスクがあがりますが、低用量ピルはこの子宮体がんのリスクを抑えてくれます。ただし、月経不順を改善するわけではないので、服用をやめるともとの周期に戻ってしまいます。

生理痛を軽減する


低用量ピルには、女性ホルモンのバランスを安定する作用があります。
上述したようにピルを服用することによって排卵を抑えます。排卵を抑えると子宮内膜が厚くならない状態で維持されるため、経血量も減り生理痛が軽減されるのです。また、女性ホルモンが安定することによって、生理前のイライラや憂うつな気持ちなどといったPMSの症状も緩和されます。

肌荒れが改善される


生理前や生理中はホルモンバランスが乱れるため、ニキビができやすくなったり肌が乾燥したりといったトラブルがつきものです。低用量ピルを服用すれば、皮脂の分泌が安定し排卵前後のホルモンの変動がなくなるため、肌トラブルが少なくなります。

婦人科系疾患を予防する


低用量ピルによって排卵による卵巣の損傷が減るため、卵巣がん子宮体がん、や卵巣嚢腫、子宮外妊娠といった婦人科系疾患のリスクも低下します。また、低用量ピルに含まれる黄体ホルモンが子宮内膜を守るため、不妊症の原因となる病気にもかかりにくくなります。

低用量ピル(OC)のデメリット

副作用のリスクがある


これまでのピルは、ホルモンの量が多く含まれていたため、血栓症や心筋梗塞などの副作用があると指摘されていました。しかし、低用量ピルでは含まれるホルモンの量が変わったため、こういった副作用はほとんど起こらないと言われています。

とはいえ、乳がんや子宮がんなどの疑いがある女性や、ピルによってアレルギーを発症したことがある人、不正出血がある人、妊娠中や授乳中の人、肥満の人などは副作用のリスクが高まります。医師と相談のうえで服用しましょう。

毎日飲み続ける必要がある


低用量ピルは、1シート28日分で処方され、生理の周期が28日になります。そのため、毎日飲み続けなければピルの効果が発揮されません。飲み忘れて24時間が経過した場合は、一度服用をやめて次の生理がくるまで待つ必要があります。そして、生理がきたタイミングで1シート目の低用量ピルの服用をスタートさせるのです。

飲み忘れた場合は避妊薬としての効果が弱まるので、きちんと避妊しましょう。また、低用量ピルの相場は1シートあたり3000円が相場です。「飲み忘れないこと」「毎月約3000円の支出ができること」は、低用量ピルを服用するにあたって覚えておかなければならないことです。

現代女性の「ライフプランニング」に低用量ピル(OC)は役立つ

低用量ピル(OC)は、女性が主体となって避妊できる経口避妊薬です。間違った使い方をしなければ、99%以上の避妊効果があると言われています。
低用量ピルを飲んでいる間は避妊をすることができ、また服用をやめれば妊娠が可能になるため、「産む・産まない」の選択をもつ女性にとって、ライフプランニングをしやすいツールと言えるでしょう。


太田郁子先生・倉敷平成病院婦人科医長
<監修者プロフィール>
太田 郁子(おおた・いくこ)
倉敷平成病院婦人科医長、医学博士、日本子宮内膜症啓発会議実行委員