13日、環球時報によると、韓国の一部メディアが「韓国外相はTHAADミサイルの配備に断固反対していた」と報じていることについて、韓国外交部は「事実と異なる」と否定した。資料写真。

写真拡大

2016年7月13日、環球時報によると、韓国の一部メディアが「韓国外相はTHAADミサイルの配備に断固反対していた」と報じていることについて、韓国外交部は「事実と異なる」と否定した。

韓国政府は先日、米国のTHAADミサイル配備を正式に発表。これについて一部の韓国メディアは、「尹炳世(ユン・ビョンセ)外相は以前、北朝鮮制裁で国際社会の協力を強化するため、中国やロシアが反対するTHAADミサイル配備に断固反対すると述べていた」などと報じた。

これを受け、韓国外交部は「政府がすでに繰り返し表明しているように、THAADミサイルの配備は政府内部で繰り返し協議し、決定された。意見の相違は存在しない」として、報道を否定した。(翻訳・編集/北田)