13日、南シナ海の領有権問題について、仲裁裁判所が中国の主張を根拠がないと判断したことに中国が反発しているが、台湾も仲裁裁判所の判決は受け入れられないとして反発している。資料写真。

写真拡大

2016年7月13日、南シナ海の領有権問題について、仲裁裁判所が中国の主張を根拠がないと判断したことに中国が反発しているが、台湾も仲裁裁判所の判決は受け入れられないとして反発した。仲裁裁判所の判決では、台湾が実行支配するイトゥアバ(太平島)は島ではなく岩礁であるとしている。一方で、日本と米国は仲裁裁判所の判決を支持し、当事国に対し判決に従うよう呼びかけている。

これに関して、台湾の伝記作家の王豊(ワン・フォン)氏は、「中台両岸の“通行人同士”の関係は台湾に喜びを与えたのか、それとも苦しみを生み出したのか?兄弟が手を取り合えばどんな困難も乗り越えられる。だが、兄弟がいがみ合えば他人につけこまれるだけだ。南シナ海の一件で台湾は日米に冷たくあしらわれた。台湾がなおも米国の戦略に迎合するようなら、ますます日米に軽視されてしまう。日米は『台湾はわれわれに頼るしかない』となめきっている。太平島を岩と判断した判決を日米は支持している。日米一辺倒に偏った政策を払拭しない限り、台湾はより多くの痛みを受けることになるだろう」と苦言を呈した。(翻訳・編集/内山)