【動画】花火大会目前!初心者でもすぐできる「浴衣帯の結び方」

写真拡大

いよいよ夏本番! 花火大会やお祭りなど、浴衣を着て出かけたいイベントが盛りだくさんの季節となりました。でも浴衣の着付けはセルフだと難しいイメージがありますよね...。特に帯を結ぶのには苦労しがち。そこで今回は、着付け初心者さんでも簡単にできる「文庫結び」のやり方を動画で紹介します。

浴衣帯の結び方を動画でチェック!

 

文庫結びのやり方をレクチャー♪

続いては、動画で紹介した文庫結びのポイントを伝授します!

1. 帯を右端から右腕の長さ分を目安に取り、縦半分に折りたたみ右肩にかけます。この部分を「テ」、残りの長い部分を「タレ」と呼びます。

2. 身体の左側にタレを広げ、三角形を作ります。ここから胴に帯を二回巻きつけ、身体の前でタレを斜めに折り上げ、半分の幅にします。

着崩れしないように、ギュッときつく巻いておきましょう。

3. 肩にかけていたテを下ろし、タレの下からくぐらせて結びます。

結び目が斜めになるように、ギュッときつめに結びましょう。

4. テを左肩にかけ、タレを結び目からきれいに広げて下に垂らします。

5. タレを肩幅ほど取り、内側にクルクルと折りたたみます。そのまま帯の位置に持っていきます。

6. 帯を半分に折り、そこから山折りを二つ作って羽の形にします。

7. 左肩にかけていたテを下ろし、羽の部分に二回巻きつけます。

8. 余った帯は、端から内側にクルクルと丸め、結び目の奥に収めましょう。

9. 羽根の形を整えて最後に結び目を後ろに回せば、完成です!

帯の結び方を覚えておけば、万が一着崩れしてしまった時にも安心して対応できますよ♡ この夏はセルフで浴衣を着て、イベントをより満喫してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
・ "浴衣=和"じゃつまらない!トレンドアクセと大人っぽ三つ編みの新鮮浴衣ヘア
・ 【セルフネイル】糸ようじがあればOK!浴衣にぴったりの和風ネイル

photo:佐坂和也
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。