人間は新しいものを発明し続ける、そしてそれは無駄ではない──ケヴィン・ケリー

写真拡大

『WIRED』の創刊編集長、ケヴィン・ケリー。2016年7月の邦訳新刊の発刊を前に、テックグルのアイデアの数々を紹介する。今回は、「心の穴」について。新しい技術は、人間に常に新しい物を探し求めることを強要し、際限ない不満を呼ぶ。それでも、その羨望や不満は「決して無駄ではない」のだとケリーは言う。〈堺屋七左衛門の「七左衛門のメモ帳」から、クリエイティヴコモンズのもと転載〉

「人間は新しいものを発明し続ける、そしてそれは無駄ではない──ケヴィン・ケリー」の写真・リンク付きの記事はこちら

INFORMATION

【満員御礼】7/23開催! ケヴィン・ケリー新刊刊行記念イヴェント

現在もっとも尊敬されるデジタルカルチャーの論客である『WIRED』の創刊編集長ケヴィン・ケリー。2016年のSXSWにも登壇し話題をさらったテック界随一のグルが、今夏発売となる新刊『〈インターネット〉の次に来るもの』とともに来日。7月23日(土)は、ケリーの特別講演+ベストセラー『ザ・プラットフォーム』の著者・尾原和啓を迎えたトークセッションも開催(詳細はこちら。チケットは完売いたしました)。ケヴィン・ケリー関連のアーカイヴ記事はこちらより。

巨大な展示会場を歩き回ると、まぶしい照明のなかに電子機器が多数展示されている。新しい機器は、どれも同じに見えるのに、ほかと違うと主張している。それが世界最大の家電機器展示会CESである。

会場は圧倒的な広さだ。すぐに、電子機器を見るのはもうたくさんだと思うようになる。違いのないものばかりで失望する。多数の機器による全体構成が、平凡で無意味に思えてくる。CESを取材したこの記者と同じことを感じ始める。

わたしの心に深い穴があいている。その穴ができたのは、広告を見て感じる羨望と、新しくて違いがあって美しいものを見たいという欲望が原因である。体のなかに空虚な場所ができて、それを埋めたいと思う。この穴のせいで、わたしは、電子機器が役に立つものかどうかを考える。もちろん、それは役に立つ。

電子機器は、世界を便利で楽しいものにする。創造性を高め、娯楽と情報を提供し、時には社会的地位までも得られる。少なくとも、しばらくの間。少なくとも、時代遅れになるまで。少なくとも、ゴミになるまで。

電子機器は、現代における心の空白を回避するための、強化ガラスとカドミウムで飾られた魔除けのお守りである。幸福のかわりに娯楽を、現実のつながりのかわりにメッセージ交換を、わたしたちは手に入れる。

──マット・ホーナン(“Fever Dream of a Guilt-Ridden Gadget Reporter”より)

新たな発明が、新たな不満を生む

率直に言えば「テクニウム」に、心に穴をあけるという一面があるのは確かだ。

いつからか、わたしたちは、スマートフォンなしには1日も生きていられなくなった。何十年も前にそんな話をしても、まともに受け取ってもらえなかっただろう。

いまでは、ネットワークが遅いと不平を言っているが、以前、わたしたちが純真無垢だったころには、ネットワークなど考えたこともなかった。いまでは、いつでも即座に友達と連絡を取りたいと思うが、以前は、1週間あるいは1日ごとの連絡で満足していた。

わたしたち人間は、新しいものを発明し続けることによって、新たな願望、新たな切望、新たな欲望という、埋めるべき穴をつくり出している。

そう、これが人間に対する技術の行為である。一部の人々は、人間がつくった物が、このように人間の心に穴をあけていることに猛反発する。彼らの考え方によれば、この永続的な飢餓感は、堕落であり、人間の高潔さの低下であり、絶え間ない不満の根源である。

確かに不満の根源だということは、わたしも認める。新しい技術は、常に新しい物を探し求めるようにわたしたちに強要する。その新しい物は、次の新しい物に隠れて姿を消すので、いつまでたっても心の救済は得られない。

それは決して無駄ではない

しかし、わたしは、このテクニウムがもたらす際限のない不満を歓迎する。人間であってよかったと思うことの大部分は、技術的発明によるものだ。

われわれの祖先である動物と人間との差異は、単に生存しているだけでは満足しないことである。かゆいところをかくために新しくかゆいところをつくったり、穴を埋めるために余分な穴をつくったりする。いままで存在しなかった欲求を生み出すために、人間は忙しく活動している。

人間が羨望や不満を感じやすいことについて恥じる気持ちは理解できるが、その失望に対して、わたしから慰めの言葉を贈ろう。「それは決して無駄ではない」

わたしたち人間は、心に穴をあけることなしに、自分自身を、さらには人間全体を発展させることができない。それによって人間は、自分の限界を拡張し、自己を収容する小さな器を拡張している。

もちろん、器が裂けたり破れたりすることもあるだろう。深夜テレビの商品宣伝番組や、広大なCES会場に展示されている売れない電子機器は、あまり人間を向上させるようには思えないが、人間の成長へ向かう道は、非常に平凡で退屈で日常的である。本当に意味のある進歩は、退屈なものなのだ。

INFORMATION

【満員御礼】7/23開催! ケヴィン・ケリー新刊刊行記念イヴェント

現在もっとも尊敬されるデジタルカルチャーの論客である『WIRED』の創刊編集長ケヴィン・ケリー。2016年のSXSWにも登壇し話題をさらったテック界随一のグルが、今夏発売となる新刊『〈インターネット〉の次に来るもの』とともに来日。7月23日(土)は、ケリーの特別講演+ベストセラー『ザ・プラットフォーム』の著者・尾原和啓を迎えたトークセッションも開催(詳細はこちら。チケットは完売いたしました)。ケヴィン・ケリー関連のアーカイヴ記事はこちらより。