高音の音楽を聴くと、食べ物を甘く感じる:研究結果

写真拡大

人間は、高い音の音楽を聴くと食べ物を甘く感じ、低音の音楽では苦みを多く感じるという。では、なぜ味覚と関係ない感覚が、食べ物の味に影響を与えるのか。その鍵を握る「多感覚知覚」についての研究が、いま各国で進められている。

わたしがまだ小さいころ、両親とあるレストランでよく食事をしていたのを覚えている。そこは、「どうしてここの照明はこんなに暗いのか」と、食事中ずっと両親に問い続けるほど、薄暗いレストランだった。両親は根気よく「雰囲気づくりのためよ」と静かに繰り返した。

「高音の音楽を聴くと、食べ物を甘く感じる:研究結果」の写真・リンク付きの記事はこちら

わたしは、食べ物が見えればもっと食事をおいしく感じるだろうにと、かたくなに主張したものだった。

そのレストランは閉店してしまったが(おそらく誰も食べ物を見ることができなかったからだろう)、複雑に絡み合う感覚間の情報伝達の仕組みは、まだ解明され始めたばかりだ。

高い音の音楽を聴くと、食べ物は甘くなる

オックスフォード大学のガストロフィジックス(美食の物理学)研究者/実験心理学者のチャールズ・スペンスは、多感覚知覚を研究している。これは、ある感覚から得た情報が、脳によるほかの感覚の解釈にどのような影響を与えるか、という研究だ。

文字に色を感じるなどの一部の人にみられる共感覚とは異なり、多感覚知覚は誰もが経験するものだと、スペンスは冒頭のヴィデオで説明している。

例えば、味を判断するのは舌にある「味蕾」だけではない。食べ物を口に入れたときに、口から得た信号を脳がどのように解釈するかは、食べ物や飲み物の色から歯ごたえや形、そして(もちろん)照明まであらゆるものに影響を受ける。

照明ひとつで「何を注文するか、かつ、注文した食べ物の味をどう感じるか」が変わるのだとスペンスは語る。

彼がよく取り上げる例のひとつが、ある研究グループの発見だ。そのグループの発見によると、濃いコーヒーを好む人は明るい照明下ではコーヒーをより多く飲むようになり、逆に薄いコーヒーを好む人は薄暗い照明下で飲むコーヒーの量が多くなるのだという。

これと似たような意外な関連性が、この分野には多数存在する。例えば、高い音の音楽は甘味を引き出し、低い音の音楽は苦味を引き出す。スペンスはこれを「ソニック・シーズニング(音による味付け)」と呼ぶ。

RELATED

音色には味わいがあり、味わいには音色がある

すべてが味覚に関連しているというわけではない。あらゆる感覚同士が関連をもっているのだ。

多感覚研究では、脳は各感覚から得た情報を、それぞれ単独で処理する仕組みにはなっていないということが明らかになっている。単独で世界を十分正確にとらえることができる感覚が、存在しないからだ。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の認知神経科学者ラダン・シャムズは「わたしたちの目が開いていて、耳から音が入ってくるとき、すなわち、目が覚めているときには常に、脳は入ってくる情報をすべて同時に処理しています」と説明する。

複数の感覚器が絶えず脳に情報を送り続けているが、重要な情報はその一部だ。脳はすべての信号を処理し本当に重要な情報が選ばれるため、結果としてわたしたちが見るものは、耳に入る音に大きく影響を受けるのだという。

スペンスは、自身の発見を「音色には味わいがあり、味わいには音色がある」と要約する。

冒頭のレストランの照明がもう少し明るかったらわたしはもっと食事を楽しめたのだろうか? この点に関しては、両親と議論を続けなければならない。