それじゃ幸せになれない!アラサーが陥りがちな、間違った結婚の目的3つ

写真拡大

結婚する理由について考えたことはありますか?彼とずっと一緒にいたいから、家族を作りたいから――。結婚する目的は人それぞれなので、いろいろな理由が考えられると思います。

それでも結婚は、自分はもちろん、相手の人生をも大きく左右するイベントに変わりはありませんよね。お互いにとって大事な結婚ですので、ふたりが納得する目的を持ちたいもの。誤った目的を抱いてしまっては、二人の関係が破たんしてしまうかもしれません。

今回は、なかでもアラサー独女が抱きやすい「ちょっとそれってどうなの?」という、間違った結婚の目的をご紹介します。

◆仕事を辞めたいから

「とにかく仕事を辞めたい、働きたくない」という理由で、「結婚したい!」と考えている独女はいませんか?結婚後、仕事を辞めて、育児期間中は専業主婦になる女性は少なくないもの。でも、端からその目的で結婚をするというのは、ちょっと結婚の意味が変わってきてしまいますよね。

結婚は本来、お互いが幸せになるために、ふたりで協力して生活を共にするものです。にもかかわらず、「自分が楽をしたいから」という理由で結婚をするのでは、彼に「この人と結婚して、本当に上手くやっていけるのかな……?」と、感じられてしまいかねません。

結果的に、結婚後仕事を辞めることになったとしても、少しでも自分の身になるように仕事はこなしたいもの。

結婚をして自分が親となったとき、きちんと教育できる親になるため、子どもから見て恥ずかしくない親になるためにも、仕事から少しでも自分自身を成長させられるといいですよね。

◆とにかく結婚したいから

年齢を重ねるほど、周りの影響で結婚に焦ってしまう独女は多いのでは。親しい友達が結婚した、親や親戚等から結婚の催促をされたなど。ほかにも自分の将来に不安を抱いてしまい、結婚に焦ってしまう独女もいるかもしれません。

だからといって、相手の気持ちを無視して「とにかく結婚したい!」という一方的な思いでアプローチしてしまっては、彼はあなたとの付き合いが負担に感じられてしまいそうです。

男性によっては「俺と結婚したいんじゃなくて、『単に結婚したいだけ』なんじゃ……?」と思われてしまっても無理はないかもしれません。二人の意思疎通がきちんと図れぬまま結婚したところで、後悔してしまい我慢ならず離婚……なんてことにも。

結婚はお互いが幸せになるためにするものです。結婚に焦ってしまったときは、何のために結婚するのか自分なりの答えをしっかりと見つけておきたいですね。

Bride In Bedroom Having Second Thoughts Before Wedding

◆結婚式を挙げたいから

キレイなウエディングドレスを着たい、豪華な結婚式を挙げたい――。結婚式は自分が唯一主人公になれる場なので、年齢を重ねても“結婚する”ということに憧れを抱く独女は多いかもしれません。

でも、結婚の目的は「結婚式を挙げること」ではありませんよね。よく言われることですが、結婚はゴールではなくスタートです。ふたりで生活を共にし、子どもが生まれれば親となって、家族を支えていかなければいけません。

そういうことがきちんとできる相手かどうか。ふたりできちんと話し合って、結婚後のことを現実的に考えていきたいですね。

もちろん、結婚に対する考え方は人それぞれ。ですが焦ってしまったときには、後悔しないためにも自分の気持ちを冷静に見極めてみてくださいね。