写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Googleは7月13日、Android端末を自動車に接続してアプリケーションが利用できるようにするサービス「Android Auto」の国内提供を開始した。

Android端末をAndroid Autoに対応している車両やラジオにUSBケーブルで接続することで、端末内のアプリなどをカーナビの画面上で操作することが可能になる。

2014年に米国で発表、2015年に最初の対応モデルが発売されて以来、現在は40以上の自動車メーカーや車載機メーカーによって、100種類以上のモデルが対応している。

例えば、ホンダの2016年に提供が開始されたCivicとAccord、三菱自動車の2016年に提供が開始されたPajeroとPajero Sportのほか、パイオニアが2015年・16年に提供開始したカーナビなどが対応している。

Android Autoは安全を最優先に考慮して設計されているため、アプリの利用、連絡先への電話、メッセージの送信などを音声操作で安全に行うことができるという。接続中はスマートフォンの画面はロックされるため、運転中に操作をする必要はない。

Android Autoでは、マップ、音楽、通信、音声のほか、SkypeやAWAなど、サードパーティのアプリも利用できる。国内で対応しているアプリはGoogle Play ストアで確認できる。