【第59回】スマホ料金が無料になる? 「楽天モバイル」活用術

写真拡大

2016年7月1日から格安スマホの楽天モバイルの通信料金に楽天スーパーポイントが使えるようになりました。これ、実は凄いことなんです。スマホ料金を"実質無料"にすることができるようになります。詳しく解説しましょう。

楽天モバイルの通信料は大手3社の1/3程度

楽天モバイルの通信料は表のようになっています。ベーシックプランでSMSなしの場合はなんと月額525円(税抜)。メールやメッセージだけのやり取りの場合はこのプランで十分です。しかし、webを見たりSMSを見たりするにはちょっと速度が気になりますね。

理想としては3.1GBプラン。この場合、データSIMのSMSなしの場合は月額900円(税抜)、通話ができる「通話SIM」の場合は1600円(税抜)です。

rakutenmobile_01.jpg

格安スマホの通信速度や通信エリア、プランの目安については以前解説しました(【第49回】使わない手はない!格安スマホで節約&ポイントザクザクにするテク)ので、品質やプランの選び方などを知りたい方は、そちらを参考にしてください。

今回は、ほとんどの方が問題なく使える3.1GBプランを選択したという前提で解説していきたいと思います。

楽天スーパーポイントの充当は

では、1か月に貯まる楽天スーパーポイントがどの程度かを見てみましょう。

「電気料金」「ガス料金」「水道料金」の固定費と日常のスーパーマーケットでの買い物を年会費無料の「楽天カード」で支払い、筆者がネットでよく買う「お米」「お茶」「洋服」「書籍」を楽天モバイルの楽天市場アプリから購入し、楽天カードで払ったとします。

固定費やスーパーマーケットでの利用に対しては1%分の楽天スーパーポイントが貯まり、楽天市場や楽天ブックスでの購入時は6%分の楽天スーパーポイントが貯まります。

rakutenmobile_02.jpg

貯まるポイントは、合計1470ポイント。3.1GBプランのデータSIMの場合でしたら、全額ポイントで支払うことができますので、実質無料になりますね。通話SIMの場合は全額ポイントでは払えませんが、258円の支払いで使えるということです。

この、楽天スーパーポイントを通信料金に充てる方法は、とても簡単でチェックボックスを1つクリックするだけ。楽天モバイルのメンバーズステーションから「全てのポイントを使用する。」にチェックすると、毎月貯まったポイントを自動で通信料金に充てることが可能です。

毎月操作が必要であれば大変ですが、自動的にポイントが消化されるため、ポイントの有効期限も気にせず使えるのも◎です。

「スーパーポイントスクリーン」で通話SIMも実質無料

この楽天市場での買物に加えて併用したいのが、「スーパーポイントスクリーン」のアプリです。楽天モバイルにダウンロードして広告を5秒間見るだけで1ポイント獲得できるという仕組みです。

1日10〜15件程度の広告が配信されるため、暇な時に見るだけで1か月300ポイント程度貯めることができるのです。

rakutenmobile_03.jpg

さらに、新しく1日1回「ログインスタンプ」を獲得できるようになり、5つ貯まればハズレなしのくじを引くことが可能です。1スタンプ=1ポイントですので、5日ログインするだけで5ポイントの獲得。広告+ログインで、1か月330ポイント程度貯まるということですね。

固定費+食料品+楽天市場での買物で貯めた1470ポイントに加えて、スーパーポイントスクリーンで無料で貯めた330ポイントを合計すると1800ポイント。つまり、1728円(税込)の通信費が楽天スーパーポイントでまかなえるようになるということです。

スマホの通信料金を節約したいという方、検討してみてください。実際に筆者も楽天モバイルを使っていますが、ほぼストレス無しで使うことができています。

ちなみに、スーパーポイントスクリーンのアプリはiPhone版が無かったのですが、最近iPhone版もダウンロードできるようになりました。楽天モバイルに切り替えなくてもお得なアプリですよ。