総統府提供

写真拡大

(台北 13日 中央社)海軍の康定級フリゲート「迪化艦」が13日、南シナ海でパトロールを行うため、南部・高雄の左営軍港を出発した。出発前には蔡英文総統が乗艦し、今回の任務は「国益を守る台湾人民の決意を示すものだ」と乗組員らを激励した。

迪化艦の出航日はもともと14日だったが、常設仲裁裁判所(オランダ・ハーグ)が12日、台湾が実行支配する南シナ海・南沙(スプラトリー)諸島の太平島を「島」ではなく「岩」とする判決を下したことから、前倒しでの派遣が決まった。

蔡総統は、仲裁裁の判決は「わが国の南シナ海の島嶼(とうしょ)とその関連海域に対する権利を大きく損なった」と指摘。同艦は中華民国(台湾)を代表し、乗組員の制服は国民からの付託を表していると任務の重要性を強調した。

今回の判決に対し、総統府は12日、「中華民国に対する法的拘束力を持たない」と主張するとともに、審理の過程で台湾の意見が求められなかったことに不満を示している。

(呂欣ケイ/編集:杉野浩司)