ぶっちゃけ「ラクそう」と思う職種ランキング! 2位:広報

写真拡大

多くの企業では、社内は職種に分かれていてそれぞれの部署が機能して会社が成り立っています。1日中デスクワークの部署もあれば、外回りばかりであまり会社にいない部署もあります。「隣の芝生は青い」なんていいますが、ラクそうだと思う職種についてきいてみました。

Q. ぶっちゃけ「ラクそう」と思う職種をお添えてください。

1位:庶務……32.55%
2位:広報……16.25%
3位:営業事務(営業補佐)……15.1%
4位:人事……13.95%
4位:総務……13.95%
6位:経理……8.1%

全体的に庶務の約33%以外は、あまり大きな差がつかず、バラバラな意見をもっているという結果になりました。それぞれ、その職種にどんなイメージをもっているのか聞いてみましょう。

■1位:庶務

・「何をやっているかわからないし、いつも帰るのが早いから」(33歳男性/電機/技術職)

・「昔のドラマの『ショムニ』のイメージが強く、だらだらしていてそう」( 38歳男性/食品・飲料/営業職)

・「雑用だから。仕事してる意味を見失いそう」(36歳女性/その他/事務系専門職)

・「どうせコピー用紙や文房具の発注、車の手配とかしてるだけでしょ??と思ってしまう」(36歳/商社・卸/事務系専門職)

人気テレビ番組の影響を受けてしまったようです。ほかには、みんな定時で帰っている、責任が軽く、雑用係のイメージが強いという声もありました。

■2位:広報

・「気楽に商品のPRをしたりするだけで良さそうなのが楽に見える」(31歳男性/医療・福祉/専門職)

・「営業ノルマなどなく、またオフィスに閉じこもりでもなく、外部とのやり取りもあり楽しそう」(32歳男性 /マスコミ・広告/事務系専門職)

・「たいした仕事じゃない割に露出が多くていろいろ得してそうだから」(32歳女性/学校・教育関連/技術職)

・「楽しそうだし、成果を求められないイメージがあるから」(29歳女性/医療・福祉/専門職)

数字は庶務の約半分でしたが、2位は広報でした。なんだか楽しそう、売り上げ成果をも求められなそうという声が多く聞かれました。数字などの結果が見えづらく、広報誌を作っていて、なんとなく華やかなイメージがあるようです。

■3位:営業事務(営業補佐)

・「営業は大変だが、それを補佐するのは楽そうだから」(31歳男性/自動車関連/ その他)

・「もし、何かあっても最後は担当に任せればいいので」(25歳男性/その他/その他)

・「常に営業の人が身近にいるわけではないので、不在時はのんびりできそう」(31歳女性/情報・IT/事務系専門職)

・「補佐っていっても基本的には雑用」(22歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

「補佐」という言葉が影響して、役割が主体的ではなくあまり責任がなさそうな雰囲気があるようです。実際に営業事務に従事している人の意見もありましたが、難しさを感じたことはないという声でした。

■4位:人事

・「採用面接ぐらいしか仕事ないと思いますね」(37歳男性/機械・精密機器/営業職)

・「そんなに年間を通してやることがなさそう」(27歳女性/ 建設・土木/技術職)

採用期間や、定期異動期間以外ヒマそうという声が多いです。その他に「偉そうにしていてうざい」という意見もありました。

■4位:総務

・「特にやることがあまりなさそうだから」(23歳男性/ 団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「決まった仕事がないから楽しようと思えば楽できる」(30歳女性/機械・精密機器/事務系専門職)

一番何をやっているかわからないという声が多かったのが、総務でした。ほかには、人と接しなくてよいのでストレスが少ないのではという声や、雑務をこなしているイメージがあるようです。

6位:経理

・「数字を扱えばいい。エクセルがなんでもやってくれる」(34歳男性/運輸・倉庫/販売職)

・「決まったルーティーンな感じがするので」(30歳女性/ 運輸・倉庫/技術職)

デスクワークで、専門的な知識があれば、計算しているだけなのでラクそうというイメージのようです。実際に扱う金額が大きいので大変なのではという声もありました。

■まとめ

いかがでしたか? 実際の仕事内容については知らないものの、定時で帰れる、数字のノルマがない、社外の人と接しない、繁忙期がないといった点が、「ラク」に見えるポイントのようです。しかしあくまでも外からみてラクに見えているだけ。実際はどんな仕事も大変ですよね。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月22日〜6月24日
調査人数:172人(22歳〜39歳の男女)
※画像はイメージです

(フォルサ/岩崎弘美)