「樹脂粘土で納豆つくってみた」動画が思わず見入るレベル 凄いなぁ、こうやって作るのか

写真拡大

世の中には手先が器用な人は沢山いますが、中でもフェイクフードといわれる物の場合は、器用さと同時にある程度の芸術センスも必要となってきます。
そんなフェイクフードの技術で納豆をつくった動画が動画サイトniconicoに投稿されています。

【関連:食品サンプル印鑑カバーに「アスパラベーコン」登場】

樹脂粘土

作業は樹脂粘土に適量の絵の具を練り込むことから始まります。次に一粒ずつ納豆大に「ちねって」(ちぎって形を整えること)行く作業。ちねり終わったら乾燥させ、乾燥したら接着剤を駆使して納豆の粘りを表現。

チネリ作業

同じく樹脂粘土で卵黄も再現し、接着剤で卵黄表面のてかりも表現。最後はレンゲに盛られた可愛い納豆ご飯の完成。ほんとこのまま食べちゃいたいくらい美味しそうです。

筆者はこの手の動画ははじめてだったので、最初から最後まで思わず見入ってしまったのですが、動画をみた他のユーザーからも「これもう(食品サンプルって)わかんねぇなあ」「凄いw本物みたいw 美味しそう♪」「誰か飯テロタグおなしゃすw」「ご飯茶碗で作って食卓へ出したら、ひっかかる人いそうw」という声がよせられていましたよ。