セーラームーンが氷上に光臨! ロシアのフィギュアスケート選手が披露した演技に感動…可愛いすぎて泣ける!!

写真拡大

世界トップレベルの選手たちが国内外から集結するフィギュアスケートのエキシビション、「ドリーム・オン・アイス(Dreams on Ice)」。

今年7月1日から3日まで、新潟県長岡市にある「アオーレ長岡」内のアリーナ特設リンクで開催された「ドリーム・オン・アイス」は今回で13回目。国内では非常に人気が高いイベントで、大盛況のうちに幕を下ろしました。

現在、ネットを中心に話題となっているのは、このエキシビションに出演していた16歳の世界女王エフゲニア・メドベージェワ(Evgenia Medvedevа)さんの演技。

【セーラームーンが氷上に舞い降りた!】

なんと彼女、セーラームーンの姿に扮して、セーラームーンのテーマ曲に合わせて、セーラームーンっぽい振付をふんだんに交えながら見事なパフォーマンスを披露してくれたのであります! 

しかも最後は「月に代わってお仕置きよ!」の日本語セリフ付き……ふおおお! これは感動せざるをえない!!

【可愛すぎて泣けてくる】

そんな彼女が日本のファンを喜ばせようと披露してくれたセーラームーンパフォーマンスは、とにもかくにも「可愛い!」の一言に尽きます。むろんそれだけじゃなく、細かい演出が散りばめられているうえ、技術面でもハイレベル。まずは、その演技を観てくださいよ!

【失敗が「失敗に感じられない」!?】

変身前の “月野うさぎ” の状態でリンクに登場したメドベージェワさんは、可憐なセーラー服姿。よく見れば髪型も、うさぎちゃんそのまんまなお団子ヘアで、感激!

「セーラースターソング」が終わった瞬間、制服から美少女戦士セーラームーンに変身、その後「ムーンライト伝説」の曲にあわせて宙を舞い、回転し、観客を魅了します。

1度転んでしまうのだけれど、そこは失敗が少ないメドベージェワさん、「うさぎちゃんはドジっ子……まさかこれも演出なのでは!?」と、記者(私)はつい勘繰ってしまいました。しかしおそらく、そんなわけないと思います、ハイ。

【宮崎作品とセーラームーンが大好きなんだって♪】

ロシア出身の彼女は、「2016年世界選手権優勝」「2016年欧州選手権優勝」「2016年ロシア選手権優勝」と華々しい戦績を収めている一方で、大の日本アニメ好きとしても知られています。

特に宮崎駿作品と『美少女戦士セーラームーン』はお気に入りのようで、彼女のインスタグラムやTwitterのアイコンはセーラームーン風のアニメイラスト。そして、過去には「トトロのパーカーを着用&ルナのぬいぐるみを抱っこしたショット」を投稿したことも。

【きっとあなたも彼女のトリコ♪】

「日本でのショーということで(パフォーマンスを)特別に作った」という彼女の心づかいに、胸がキューン。また、愛らしい声での「月に代わってお仕置きよ!」にシビれてしまいます。

可愛さと感動のあまり、泣けてきちゃうこと必至。そしてメドベージェワさんのファンになってしまいそうなその演技を、あなたもぜひ、ご覧になってみて!

参照元:YouTube、Instagram @jmedvedevaj、Dreams on Ice 2016、Twitter @JannyMedvedeva、
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る