写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日産自動車は13日、新型ミニバン「セレナ」を初公開した。5代目となる同車はエクステリア・インテリアのデザインを大幅に刷新し、自動運転技術「プロパイロット」をはじめとする数々の新機能も採用。日本で8月下旬に発売される。

「セレナ」は1991年の初代モデル発売以来、ファミリー層を中心に親しまれている日産の中核モデルで、これまでに累計150万台以上を販売した。今回、デザインの大幅刷新と新機能の採用により、「家族とのドライブがいままで以上に便利に、そして楽しくなる新世代のミニバンへと進化」したという。

エクステリアは「セレナ」らしさを継承しつつ、次世代のミニバンとしての新しさと融合させ、二段構成のヘッドランプと「Vモーショングリル」のフロントで日産らしさを表現。より精悍で立体的な力強いデザインとした。シュプールラインはより伸びやかなものとし、スポーティな印象を与えると同時に視界の良さも実現している。

パッケージングにも工夫を凝らし、室内長・室内幅をさらに拡大させたほか、ドアガラスをより大きく見せるようにフロントピラーをブラック化し、ルーフトリム形状を変更して室内空間に広がりを持たせるなど、「実際に感じる広さ感にもこだわって開発しました」とのこと。ダッシュボードデザインは横方向の流れをテーマとし、メーターを薄型化して車両前方に配置することで、パノラミックな開放感を実現している。

新型「セレナ」では「エマージェンシーブレーキ」「車線逸脱警報」「アラウンドビューモニター」「スマート・ルームミラー」などの先進装備に加え、自動駐車機能「インテリジェントパーキングアシスト」、初搭載となる自動運転技術「プロパイロット」も新たに採用した。「プロパイロット」は高速道路の単一車線において、渋滞走行と長時間の巡航走行の2つのシーンでアクセル、ブレーキ、ステアリングのすべてを自動的に制御し、ドライバーの負担を軽減する。「インテリジェントパーキングアシスト」も、これまでよりさらに操作しやすくし、駐車精度も向上させた。

エンジンは「スマートシンプルハイブリッド」を採用し、エンジンの細かい部分まで見直し改善したことで、燃費性能も向上したという。サスペンション取付け部やバックドア開口部の剛性向上に加え、ショックアブソーバーのサイズもアップさせることで、高速道路などで車線変更する際の応答性や安定性も向上させた。

家族で楽しく過ごせる機能・装備も搭載。車内の1・2列目シートにゼログラビティシート(スパイナルサポート機能付きシート)、3列目シートに奥行きと厚みのある座り心地の良いシートを採用し、ロングドライブ時の疲労感を軽減する。新型「セレナ」は日産自動車九州で生産され、8月下旬から販売開始される。

(上新大介)