画像

写真拡大 (全2枚)

 富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは7月13日、Webサイト利用者へのサービス向上とサイト運営の効率化を実現するWebコンテンツ管理システム「FUJITSU Enterprise Application WebコアCMS」の販売を開始した。

 富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは7月13日、Webサイト利用者へのサービス向上とサイト運営の効率化を実現するWebコンテンツ管理システム「FUJITSU Enterprise Application WebコアCMS」(以下、WebコアCMS)の販売を開始した。

 WebコアCMSは、自社開発のWebコンテンツ管理システム「FUJITSU ビジネスアプリケーション WebコアEnterprise」(以下、WebコアEnterprise)のリニューアルを行ったもの。WebコアEnterpriseは2001年の販売開始以降、70社以上の大手企業や官公庁、政令指定都市、全国の各自治体などに利用されてきた。

 今回販売をしたWebコアCMSは、コンテンツの一元管理やテンプレートによるデザインの統一、承認ワークフローなどの基本機能を搭載。くわえて、新たに各種フォームを簡単に作成できる機能やグループ化された複数コンテンツの一括承認など、WebコアEnterpriseを利用する顧客からの要望を取り入れた。

 また、ユーザビリティに優れたGUIにしたことで直観的な画面操作が可能となり、従来より効率的なWebサイト運営を実現する。

MarkeZine編集部[著]