写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日産自動車は13日、新型ミニバン「セレナ」へ自動運転技術「プロパイロット」を初搭載すると発表した。今回搭載されるのは高速道路の単一車線での自動運転技術となる。新型「セレナ」は8月下旬の発売を予定している。

「プロパイロット」は高速道路の単一車線において、渋滞走行と長時間の巡航運行の2つのシーンでアクセル、ブレーキ、ステアリングのすべてを自動的に制御し、ドライバーの負担を軽減する。高度な画像処理技術により、道路と交通状況を把握し、ステアリングを正確に制御して、人間が運転している感覚に近い自然な走行を実現するという。

そのシステム構成は、先進の画像処理ソフトウェアを搭載した単眼カメラにより、前方車両や白線を瞬時に三次元的に把握し、その情報をもとにアクセル、ブレーキ、ステアリングの制御を行うというもの。システム作業時は、ドライバーが設定した車速(約30〜100km/h)内で、先行車両との車間距離を一定に保つように制御することに加え、車線中央を走行するようにステアリング操作を支援する。

これにより、先行車両が停車した際、システムが自動的にブレーキをかけて停車する。車両が完全に停止した場合、ドライバーはブレーキを踏むことなく、停止状態を保持できる。先行車両が発進した際、ドライバーがレジュームスイッチを押すか、アクセルペダルを軽く踏むだけで追従走行を再開できるという。

日産自動車は新型「セレナ」へ「プロパイロット」を搭載するにあたり、日本の高速道路での使いやすさを徹底的に追求し、開発したという。「渋滞時のハンドル、アクセル、ブレーキすべての自動化は、日本の自動車メーカー初の技術です」と同社。今後、2017年に欧州で「キャシュカイ」に搭載するほか、米国・中国にも順次導入していく予定だ。

さらに同社は、2018年に高速道路での車線変更を自動的に行う複数レーンでの自動運転技術、2020年までに交差点を含む一般道での自動運転技術を投入予定としている。

(上新大介)