11日、中国で役者のほとんどが農民という抗日短編映画が話題となっている。写真は海南島の農村。

写真拡大

2016年7月11日、中国で役者のほとんどが農民という抗日短編映画が話題となっている。中国新聞網が伝えた。

映画は、小説「喋血升谷坡(血の海になった升谷坡という意味)」を実写化したもので、海南島を侵略した旧日本軍が建設した升谷坡空港を住民らが党の指導の下で破壊するという12分間の物語だ。

小説の作者でもある鄭心僑(ジョン・シンチャオ)監督によると、撮影は家庭用のビデオカメラ3台で行われた。俳優陣は一部を除き、多くが地元の50歳以上の農民。ノーギャラで、セリフもすべて地元の方言が使われた。

映画はネット上で大きな反響を呼んでいる。鄭監督は「彼らは国や郷土を愛する情熱とともに撮影に参加してくれた。この作品を通じて、若い世代の人たちに歴史を理解し心に刻んでもらいたい」と話す。(翻訳・編集/柳川)