入院したときの「自己負担金」が増え続けている:米国調査結果

写真拡大

米国では、医療サーヴィスにかかる費用が増え続けている。入院にかかる患者の自己負担額が近年急増しており、2014年の時点で1回の入院に平均1,013ドルがかかっているという内容の論文が発表された。

「入院したときの「自己負担金」が増え続けている:米国調査結果」の写真・リンク付きの記事はこちら

米国では、医療保険に入っているからといっても安心できない。保険に入っている人が、医療サーヴィス、とりわけ入院に支払う必要がある「自己負担金額」が増え続けているからだ。『JAMA Internal Medicine』誌に6月27日付けで公開された論文でそう報告されている。

医療費負担適正化法(ACA)の目玉条項が2014年に発効する前の2009〜14年の5年間で、個人の健康保健や雇用主が提供する健康保健の加入者にとって、1回の入院あたりの自己負担額は37パーセント増加し、平均で738ドルから1,013ドルになった。この5年間の医療費全体は、年間2.97パーセント増加。保険料は毎年約5.67パーセント増加していた。

論文の筆頭著者であるミシガン大学医療成果および政策センター(CHOP)の研究者エミリー・アドリオンは、「人々は毎年、保険料が非常に上がり、指数関数的に上がり続けているとパニックを起こしていますが、実際は自己負担額のほうがもっと急速に増加しているのです」と、『ブルームバーグ』の記事で説明している。

RELATED

この調査でアドリオンら調査チームは、Aetna社、Humana社、United Healthcare社という米保険大手3社のいずれかの保険に入っている5,000万人以上のデータを調べた。

調査チームは入院全般に加えて、入院の具体的な理由にも目を向けた。その結果、虫垂炎は1回の入院あたりの自己負担額が5年間で1,079ドルから1,509ドルと40パーセントも急増したことがわかった。心臓病関連の入院負担額は、1,158ドルから1,586ドルと37パーセントの増加だった。

こうした医療費の膨張には、ほとんどの人にとってあまりなじみがない料金が関係していた。例えば、保険が利く金額になるまでの個人が支払う額である「免責金額」がある(年間約1,300ドル程度が多い)。入院患者が支払った免責金額は、5年間で86パーセント増加していた。また、共同保険のなかで個人が支払う必要がある医療費は、5年間で336パーセント増加している。

『Journal of Health Economics』誌で発表された2013年の調査(PDF)によれば、共同保険や免責金額、共同支払い、および最大自己負担費という概念をしっかり理解していたのは、調査を受けた202人のうちわずか14パーセントにとどまっていたという。