12日、中国の南シナ海における領土権主張についての裁判で、中国の主権を認めない判決が示されたことについて、数多くの人気芸能人も抗議の声を上げている。写真はルビー・リンとウォレス・フォ。

写真拡大

2016年7月12日、中国の南シナ海における領土権主張についての裁判で、中国の主権を認めない判決が示されたことについて、数多くの人気芸能人も抗議の声を上げている。人民日報が伝えた。

【その他の写真】

中国の南シナ海における領土権主張についての裁判で、オランダ・ハーグの仲裁裁判所は12日、中国が示す独自の境界線「九段線」について、「権利を主張する法的根拠がない」と認定した。この判決に対し、中国外交部は「裁決は無効であり、拘束力がない。中国は受け入れず、認めない」と、あくまで抗議する姿勢を示した。

この判決について、人民日報が中国版ツイッターに掲載した「中国は少しも欠けてはならない」との抗議スローガンと国旗を、数多くの人気芸能人がシェア。声を上げた顔ぶれは、俳優ホアン・シャオミン(黄暁明)をはじめ、女優ファン・ビンビン(范冰冰)と俳優リー・チェン(李晨)のカップル、ハウィック・ラウとヤン・ミー(楊冪)夫婦、人気ユニットTFBOYS、歌手で俳優のクリス(呉亦凡/ウー・イーファン)やルハン(鹿[日含]/ルー・ハン)、アクションスターのドニー・イェン(甄子丹)ら、トップスターがずらり。このほか、アイドルグループSNH48も名前を連ねている。

公開された「抗議芸能人」リストには、このほど結婚を発表した俳優ウォレス・フォ(霍建華)、女優ルビー・リン(林心如)の名前も登場している。声を上げた芸能人の中で、台湾人はこの2人だけだった。しかし、2人の場合はいずれもスタッフが運営する中国版ツイッター上で抗議を発表したものであり、2人が実際に自らの立場を表明したり、発言したものではないことが明らかになっている。(翻訳・編集/Mathilda)