今夏にも登場すると予想される新型セレナに、日産の自動運転技術「ProPILOT(以下、プロパイロット)」が搭載されます。

1

「プロパイロット」は、今年の伊勢志摩サミットでも日産リーフに搭載し、EUの議長であるドナルド・トゥスク氏が「プロパイロット」搭載車両に試乗していました。2016年1月には、ルノー・日産アライアンスとして、今後4年間で自動運転技術を10モデル以上に展開するという発表もしています。

その中で、「2016年は、まず、高速道路上の単一レーンで安全な自動運転を可能にする技術を投入します」と公表していますから、今回の新型セレナに搭載する「プロパイロット」はアナウンスどおり。

発表会に先駆けて、追浜にあるテストコース(グランドドライブ)にて「プロパイロット」搭載の新型セレナに試乗する機会がありました。

単一車線内の自動運転ですから、車線維持機能はもちろん、従来のACC(アダプティブクルーズコントロール)と車速維持、車間維持が基本となっています。

こう聞くと、「もう市販化されている技術では?」と思いますが、「プロパイロット」は、設定した車速(約30〜100km/h)を上限に車間距離を保ち、車線中央を維持するようにステアリングを制御(50km/h以下では先行車がいる場合のみ作動)、そして渋滞時にステアリング、アクセル、ブレーキ(最初の3秒間は油圧で保持し、3秒後に電動パーキングブレーキでメカニカルにブレーキを保持)のすべてを自動化。

この最後の渋滞時にステアリング、アクセル、ブレーキを自動化するのが日本の自動車メーカー初。ただし、先述したように輸入車にはすでに採用されています。

乗ってみたどうだったか気になる方も多いと思いますが、速度、車間、追従や停止保持などは現在のACCの標準的な完成度という印象でしたが、印象的なのがステアリングの制御で、直線でも微小舵を常に当てているように細かく制御し、コーナーでも当然ながらかなり正確に中央をトレースしようとしてきます。

今回は残念ながら、永ちゃんがCMでやっているように、腕を組んで、手放し運転することはもちろん、車線をわざと割るような運転は固く禁止(助手席に座るお目付役の方の監視下にありました)されていましたが、「プロパイロット」が想定している高速道路での利用時はかなり威力を発揮するはず。

メカニズムは操作方法などは、別記事でご紹介しますが、センサーは単眼カメラのみで、この完成度まで仕上げてきているのには驚かされました。次期セレナの「プロパイロット」装着車は高速道路の巡航が楽になることは間違いありません。

動画を見るにはこちら

(文 写真/塚田勝弘)

日産が新型セレナに搭載する部分自動運転「プロパイロット」とは?(http://clicccar.com/2016/07/13/385814/)