12日、台湾の馬英九前総統は、南シナ海問題をめぐる仲裁裁判所の判決について、「でたらめで不公平な国際仲裁を絶対に受け入れない」と反発した。写真は太平島を視察する馬前総統。同氏のフェイスブックより。

写真拡大

2016年7月12日、台湾の馬英九(マー・インジウ)前総統は、南シナ海問題をめぐる仲裁裁判所の判決で、南沙(スプラトリー)諸島で台湾が実効支配する太平島(イトゥアバ)が「岩」だと認定されたことについて、「すべての国民と同様に驚き、怒っている」とし、「でたらめで不公平な国際仲裁を絶対に受け入れない」と自身のフェイスブックで反発した。

【その他の写真】

現政権に対しては、「直ちに具体的な対応策を提出し、中華民国の太平島を守り、あらゆる方法で我々の抗議を表明し、太平島は島であり、岩礁ではないことについて、国際社会の理解が深まるようにすべきだ」と呼び掛けた。

馬前総統は今年1月、フィリピンが同島を「岩礁」だと主張したことに反発し上陸している。(翻訳・編集/柳川)